ケレン

百科事典マイペディア「ケレン」の解説

ケレン

エリトリア北部の町。首都アスマラの北西約70kmの,標高1370mの高原上に位置し,鉄道で結ばれている。道路交通の中心で,付近で栽培されるリュウゼツラン,タバコ,コーヒー,柑橘類,野菜などの集散地になっている。また搾油,製粉などの工業も行なわれている。1889年にイタリアに占領され,第二次大戦までその統治下にあった。人口7万4800人(2002)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ケレン」の解説

ケレン(Keren)

エリトリア北部の町。首都アスマラの北西約90キロメートル、アンセバ地方の高原地帯に位置する。鉄道、道路交通の要地であり、農産物の集散地になっている。20世紀初頭のモダニズム建築ロマネスク様式の教会をはじめ、イタリア風の建造物が多数残っている。

ケレン

《〈ドイツKernstützeから》鋳造に際し、鋳型中子なかごを支える副え木を補強する金具

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ケレン」の解説

ケレン

〘名〙 (Kernstütze から)
① 鋳型の中子を支える幅木を補強する金物
② 旋盤加工において、工作物を保持し、回し板からの回転力を受ける工具

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ケレン」の解説

ケレン

定格をはずれ,見た目本位の奇抜さをねらった演技や演出をいう。そうした芝居を〈ケレン物〉,演じる役者を〈ケレン師〉といい,邪道と考えられて非難された時期もあったが,芝居の流れの必然から行われる場合には,歌舞伎の演出の一特色ともなっている。初期の若衆歌舞伎時代に見世物芸との提携がなされて以来元禄歌舞伎をはじめ,いつの時代にも写生的な演技の一方に,この種の演技・演出が行われてきた。《東海道四谷怪談》における〈仏壇返し〉〈提灯抜け〉〈戸板返し〉,《義経千本桜》河連法眼館の場の〈階段の打返し〉〈高欄渡り〉〈欄間抜け〉などといった演出は,幽霊の演技として効果をあげている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケレンの言及

【怪談】より

…著名な怪談物には《東海道四谷怪談》,《彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)》(小幡小平次),《実成金菊月(みのりよしこがねのきくづき)》(皿屋敷),《東山桜荘子(ひがしやまさくらそうし)》(佐倉宗吾)などがある。怪談物の眼目の一つにはケレン(トリック)の演出があり,観客の意表をつく仕掛物や早替りの技術が発達した。また夏狂言との関連で本水(ほんみず)や宙乗りもしばしば用いられる。…

※「ケレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android