コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケージ Cage, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケージ
Cage, John

[生]1912.9.5. ロサンゼルス
[没]1992.8.12. ニューヨーク
アメリカの作曲家。作曲を,主としてシェーンベルク,H.カウエルに学ぶ。 1936~38年シアトルで教鞭をとりながら,打楽器のみによるアンサンブルを組織。 38年プリペアード・ピアノ (弦の間にボルトなどをはさむことによって多様な音色に変化させるピアノ) を創始。その後「禅」や「易」に凝るなど独自の音楽思想に基づき話題作を次々と書き,52年『4分 33秒』,54年『34分 46・766秒』と題した作品を発表,音楽に偶然的要素を導入し,ヨーロッパの作曲界に大きな影響を与えた (→偶然性の音楽 ) 。 M.カニンガム舞踊団の音楽監督としても有名。アメリカ作曲家連盟に所属。代表作はほかに"Imaginary Landscape No.4" (1951) ,『ピアノとオーケストラのためのコンサート』 (57~58) ,"Variations I" (58) など。主著"Silence" (61) ,"A Year from monday" (67) 。 62年以降たびたび来日した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケージ(cage)

鳥獣を閉じ込めておくもの。檻(おり)。かご。
エレベーターで、人や荷物をのせて昇降する箱状の室。
野球で、移動式の防護金網。「バッティングケージ
バスケットボール・アイスホッケーなどのゴール

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ケージ

米国の作曲家。ロサンゼルス生れ。ニューヨークでH.カウエル〔1897-1965〕に学んだのち,1934年−1937年南カリフォルニア大学でシェーンベルクに師事。
→関連項目イーノオノ・ヨーコカプロー偶然サティシュトックハウゼン草月アートセンターパイクペルトラウシェンバーグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ケージ

アメリカ合衆国の作曲家。プリペアード・ピアノを創始したことで知られている。アードルフ・ヴァイスやカウエル、シェーンベルクらに師事した。打楽器合奏団の組織、舞踏団との連携、音響技術者とのグループの結成 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケージ【John Cage】

1912‐92
アメリカの作曲家。1950年代より〈偶然性の音楽〉によって欧米の前衛的作曲家に大きな影響を与えた。カウエル,シェーンベルクに学んだ後,1930年代末より打楽器アンサンブルを組織し,カリフォルニアを中心に演奏活動を行う。1942年にはニューヨークに移るが,この前後はM.カニンガムらのためのダンス音楽として,独特のリズム構造をもった,打楽器,弦にボルトや消しゴムを挟んだプリペアード・ピアノのための佳作を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ケージ【cage】

鳥かご。おり。
エレベーターの、人や荷物をのせる箱状の室。
危険防止のため、ハンマー投げ・円盤投げの投擲とうてき者やバッティング練習の打者のまわりにめぐらせた金網。 「バッティング--」

ケージ【John Cage】

1912~1992) アメリカの前衛的作曲家。音響の選択を偶然にゆだねて曲の成立を不確定なものとする偶然性の音楽の思想とその作品によって、欧米の作曲家のみならず現代芸術全般に大きな影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケージ
けーじ
John Cage
(1912―1992)

アメリカの作曲家、哲学者。ロサンゼルス生まれ。1930年代には半音階的な作品を残したが、40年代に入るとマース・カニンガムらのモダン・ダンスのグループと仕事を始め、打楽器、プリペアド・ピアノの作品を残す。50年代には『の音楽』(1951)、『四分三三秒』(1952)に代表される禅や易思想を背景とした偶然性の音楽に向かい、世界的な名声と中傷を集める。テープ作品『イマジナリ・ランドスケイプ第5番』(1952)、コンピュータ作品『HPSCHD』(1965)、どんな演奏形態も可能な『バリエーションズ』(1958)、サティの原曲を易によって組み替えた『チープ・イミテーション』(1969)などにおいて、図形楽譜、コンタクト・マイク、スピーカー利用といった新たな音楽世界を創造する。主著『沈黙』(1961)に盛り込まれた音楽・芸術思想は多くの反響をよび、第二次世界大戦後の音楽界で重要な位置を占めている。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のケージの言及

【エレベーター】より

…日本で近代的なエレベーターが設置されたのは90年,浅草の凌雲閣が最初で,電動式であった。
[構造]
 エレベーターの基本的な構造は,人や荷物を乗せるかご(ケージともいう)とつり合いおもり(カウンターウェイト)とがワイヤロープでつながっており,このワイヤロープを,昇降路(エレベーターシャフト)頂部の機械室に設けた巻上機のシーブ(ロープ車)に巻き掛けて,つるべ式に動作させる。かごおよびつり合いおもりは,それぞれ昇降路の壁に取り付けられたガイドレールに案内されて上下動する。…

【坑内運搬】より

…他方,坑内で使用される坑木,ロープ,ポンプその他の器材は,坑口から切羽その他の使用場所まで搬入される。もちろん,坑内で働く人員は,坑口から,坑内の各人の職場まで,ケージや人車などなんらかの乗物を利用して往復するのが普通である。採掘が進むにしたがってつぎつぎに移動していく切羽内での鉱石の積込みと運搬,狭い坑道内で,人員,器材,鉱石およびずりの4者をそれぞれ能率よく安全に運搬する技術,深さ数百mに及ぶ立坑や延長1000mに達する斜坑における運搬など,坑内運搬には,その対象物と目的に応じて,いろいろな技術と設備が用いられている。…

【環境芸術】より

…一方,室内空間を対象とした場合も,建築の工法の発達により,巨大な吹抜けをもったホテルやショッピング・センターなどに,光と造形による環境芸術が登場している。こうした空間の造形表現とは別に,J.ケージA.カプローなどが始めたパフォーマンスPerformanceは,芸術家と観客が一つになって作りあげる表現状態としての環境芸術といえる。70年代になって,海岸,島,市中のモニュメントなどを布で梱包するクリストのような活動も見られる。…

【偶然性の音楽】より

…音楽に一種の偶然性を利用することは,民族音楽における即興演奏や西洋古典派音楽のカデンツァに見られるように,東西を問わずに古くから存在していた。アメリカの作曲家ケージは,1951年,中国の易の方法を用いてピアノ曲《変化の音楽Music of Changes》(《易の音楽》)を作曲し,以後,欧米の現代音楽の分野で偶然性を利用する音楽活動が活発に行われるようになった。C.ウォルフ,M.フェルドマン,E.ブラウンらのケージ一派の作曲家は,サティの音楽,ダダ,シュルレアリスム,禅,易学などから多くの影響を受けながら,〈インデターミナンシー(不確定性)〉〈ハプニング〉〈イベント〉などと称される生きた音楽行為を重視する音楽活動を展開した。…

【コラージュ】より

…20世紀初頭のアイブズの《弦楽四重奏曲第2番》(1913)をはじめとする数多くの作品は,こうした傾向をすでにみせており,賛美歌や民謡,チャイコフスキー,ブラームスなどの古典曲が引用,コラージュされている。ケージの《クレド・イン・US》(1942)では,器楽演奏とともに,レコードにより既存の音楽をコラージュする。 1948年にシェフェールによって創始された現実音を録音テープの上に構成し,モンタージュしていくミュジック・コンクレートの手法による音楽も,一種のコラージュ音楽といえよう。…

【ノンセンス】より

…この常識の枠を組みかえ,〈現実〉を過激な形でずらそうとするねらい(先述の〈ある意図〉)をもった〈しかけ〉はすべて,広義のノンセンスといえる。便器に署名して展覧会に出品したデュシャンや,ピアニストに4分33秒間なにも弾かせないことによって聴衆に〈沈黙〉と〈意図されなかったあらゆる音〉をきかせたJ.ケージなどは,最高のノンセンス芸術家であり,チャップリンやキートンのような無声映画のコメディアンも同様である。 しかし〈現実〉を構成するもっとも重要な要素は言語であるから,当然,言語の合意された意味(センス)や用法をかく乱することがノンセンスの最大の領域となる。…

【パフォーマンス】より

…そこでは,まず,演劇,音楽,美術といった固定したジャンルが成立せず,〈芸術〉と〈非芸術〉(日常)との間に引かれていた一線も撤去される。パフォーマンスを事実上基礎づけることになったジョン・ケージに例をとれば,彼の活動を単に音楽の分野(偶然性の音楽)に区分けすることはできない。それは,ときには〈演劇〉的であり,〈日常行為〉的であり,また〈宗教〉的ですらある。…

【ハプニング】より

…この催しでは,ハプニングにおいて〈自発的な,起こるべくして起こる何か〉(カプロー)が重要視され,一回性の偶然や自発性が強調されたのである。 カプローのハプニングの淵源には,J.ポロックのアクション・ペインティングとJ.ケージの偶然性の音楽があった。キャンバスを床にひろげ,体ごと中に入って激しいアクションによって絵具を飛び散らせたポロックは,肉体と意識の交錯を生(なま)の時間の中にさらしつづけたわけであるが,ハプニングは,この描く行為自体をさらに積極的に,純粋に演じようとした。…

※「ケージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケージの関連キーワードノイズ・ミュージック[noise music]クリーンミュウ 国産天然ひのきのチップラ・カージュ・オ・フォールコンバイン・ペインティングアルディッティ弦楽四重奏団チャンス・オペレーションチャンスオペレーションバッティングケージH. ペツォルトコンソールゲージフクロウカフェ伊田竪坑やぐらシアターピースハンマー投げバッティング四分三十三秒ファラデー箱エレベーターカニングハムフェルドマン

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケージの関連情報