コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーリンクス ゲーリンクス Geulincx, Arnold

6件 の用語解説(ゲーリンクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーリンクス
ゲーリンクス
Geulincx, Arnold

[生]1624.1.31. アントワープ
[没]1669.11. ライデン
偶因論で知られるオランダデカルト主義哲学者。ルーバン大学で哲学と神学を学び,のち教授となったが,1658年,ジャンセニズムの同調者という嫌疑をかけられて追われライデンに避難。忠実なデカルトの徒であったが,倫理学に深い関心をはらってアウグスチヌスの影響を受け,全能の超越的神への信仰が彼の偶因論哲学の源泉となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゲーリンクス(Arnold Geulincx)

[1624~1669]オランダの哲学者。デカルト哲学を批判的に継承、機会原因論を説く。著「倫理学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゲーリンクス

オランダの哲学者。デカルトの精神と身体との直接の相互作用説を否定,神を唯一の作用者とし,心身をその作用の機会原因と考える機会原因論の代表者。著書《倫理学》(1675年),《真の形而上学》(1691年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーリンクス【Arnold Geulincx】

1624‐69
デカルト学派の哲学者。ベルギーのアントワープに生まれ,ルーバン大学に学んで,のち同大学の教授,ついでオランダのライデン大学教授となり同地で没した。代表的な機会原因論者の一人。デカルトは精神と物体とを独立する実体として分離しながら,人間においては心身結合をみとめたが,ゲーリンクスは両者の直接的相互作用を否定し,身体の刺激によって精神に感覚が生じたり,精神が意志によって身体を動かす場合も,真の作用者は神のみであって,神が身体の刺激または精神の意志を〈道具〉ないしは〈機会〉として感覚または身体の運動を生ぜしめるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゲーリンクス【Arnold Geulincx】

1624~1669) オランダの哲学者。デカルト哲学を学んだが、その心身二元論に満足せず、機会原因論を説く。著「倫理学」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲーリンクス
げーりんくす
Arnold Geulincx
(1624―1669)

オランダのデカルト派を代表する哲学者。アントワープに生まれ、のちにオランダに移る。ルーバン大学に学び、デカルト哲学に傾倒する。母校とライデン大学の教授となるが、ペストに倒れた。デカルトの二元論心身問題にも徹底させようとして、機会原因論(偶因論)を説き、心身の直接的因果作用を否定した。精神と身体の変化は、神の媒介によって引き起こされる。前者のなかに運動が現れると、これを「機会(オカジオ)」として神は後者にも対応する作用を引き起こすと考えた。これは神の支配の絶対性を強調することであり、そこから人間の無力の自覚と神への服従が説かれた。デカルト哲学はこの倫理学説によって補われなければならないと、彼は考えたのである。[香川知晶]
『桂寿一著『デカルト哲学とその発展』(1966・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲーリンクスの関連キーワードカドワースカント学派西南ドイツ学派デカルトトレルチ新カント学派サン・トワ・マミーエネルギーレベル《デカルトの哲学原理》ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone