コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココス諸島 ココスしょとう Cocos Islands

3件 の用語解説(ココス諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココス諸島
ココスしょとう
Cocos Islands

インド洋上にあるオーストラリア領の島群。別称キーリング Keeling諸島。パースの北西 2750km,南緯12°5′東経96°53′に位置し,27の小サンゴ島からなる。南北に約 16km離れて二つの環礁に分かれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ココス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ココス諸島】

Cocos Islands》インド洋、スマトラ島の南西1000キロメートルにある諸島。ノースキーリング島とサウスキーリング諸島という二つの環礁(かんしょう)で構成される。マレー系の島民が約3分の2を占め、サウスキーリング諸島のウエスト島・ホーム島・ディレクション島などに居住する。オーストラリア領。長く無人島だったが、19世紀にスコットランドジョンクルーニーズ=ロスが入植し、以来その子孫がココヤシ農場を開いて個人領有。どの国にも属さなかったが、1978年オーストラリアが買収して領有した。人口596人(2010)。キーリング諸島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ココス諸島
ここすしょとう
Cocos Islands

インド洋上、オーストラリアのパース北西2768キロメートルにあるオーストラリア領のサンゴ礁群。1609年イギリス人キーリングが発見し、キーリング諸島Keeling Islandsともいう。面積14平方キロメートル、人口621(2001)。ココヤシが自生する。
 住民はマレー系が多く、ココヤシを栽培している。1827年以来、農園主の私的管理下に置かれながら、1857年にイギリスが領有、1955年からオーストラリア領となった。オーストラリア政府は78年に土地を買い取り、79年には地方自治体が成立した。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココス諸島の関連キーワードインド綿インド赤ウインドマインド蘭領インドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone