コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココナッツ coconut

翻訳|coconut

百科事典マイペディアの解説

ココナッツ

ココヤシの果実。完熟した固形の胚乳(コプラ)を糸状に切って乾燥させた食品も一般にココナッツという。白色で特有の香味がありケーキ,サラダなどの材料とする。→ココナッツミルク
→関連項目ナタ・デ・ココヤシ(椰子)油

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ココナッツ

 ヤシ目ヤシ科ココヤシ属の植物であるココヤシ[Cocos nucifera]自体,もしくはその種子の果肉の部分を乾燥したもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

ココナッツ

《栄養と働き&調理のポイント》


 ヤシ類は人類誕生のはるか以前、約1億2000万年前の白亜紀に発生したといわれています。熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、その仲間は225属、2600種にものぼります。
○栄養成分としての働き
 ココヤシの実がココナッツで、外・中・内の果皮があり、内果皮に包まれて胚乳(はいにゅう)と胚があります。ココナッツミルクはその未熟胚乳で、カロリー・脂肪とも少なく、カリウムが多いのが特徴です。牛乳のかわりにココナッツミルクを用いてエスニック風デザートにすると、低カロリーでダイエットにも最適です。
 一方、胚乳が白くかたまっている部分がココナッツで、飽和脂肪酸を主とした脂質が多く含まれ、エネルギー源となります。飽和脂肪酸はコレステロールや中性脂肪をふやすので、低血圧症の人に向きます。悪いイメージが強いコレステロールですが、不足すると血管がもろくなって脳出血が起こりやすくなったり、貧血の原因になったりします。ココナッツには、ほかにカリウム・リン・マグネシウム・鉄・亜鉛(あえん)などのミネラルと、たんぱく質も含有するので、病後の回復に最適ですが、胃腸が冷えて下痢(げり)をしやすい人は要注意。
 ココナッツの乾燥品はケーキの飾りに、ココナッツミルクはタイ料理やデザートに用いられます。

出典 小学館食の医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

ココナッツ【coconut】

ココヤシの実。ココナット。ココナツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ココナッツ
ここなっつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ココナッツの関連キーワードオールブラン ショートブレッドナッツチョコレートコレクションつぶつぶくるくるマーブルバスクリスピーボールチョコレートドクターPiroヨーグルト世界香路 リゾートセレクトココナッツクッキーサンドShall we?ココナッツブラウンココナッツドラフトフレンドベーカリーバヌア・レブ[島]ココナッツフレークココナッツオイルプエルトコルテスヘイヴァイタヒチココナッツサブレキングスタウンライアテーア島アムバランゴダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ココナッツの関連情報