コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココナッツ(英語表記)coconut

翻訳|coconut

栄養・生化学辞典の解説

ココナッツ

 ヤシ目ヤシ科ココヤシ属の植物であるココヤシ[Cocos nucifera]自体,もしくはその種子の果肉の部分を乾燥したもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

ココナッツ

《栄養と働き&調理のポイント》


 ヤシ類は人類誕生のはるか以前、約1億2000万年前の白亜紀に発生したといわれています。熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、その仲間は225属、2600種にものぼります。
○栄養成分としての働き
 ココヤシの実がココナッツで、外・中・内の果皮があり、内果皮に包まれて胚乳(はいにゅう)と胚があります。ココナッツミルクはその未熟胚乳で、カロリー・脂肪とも少なく、カリウムが多いのが特徴です。牛乳のかわりにココナッツミルクを用いてエスニック風デザートにすると、低カロリーでダイエットにも最適です。
 一方、胚乳が白くかたまっている部分がココナッツで、飽和脂肪酸を主とした脂質が多く含まれ、エネルギー源となります。飽和脂肪酸はコレステロールや中性脂肪をふやすので、低血圧症の人に向きます。悪いイメージが強いコレステロールですが、不足すると血管がもろくなって脳出血が起こりやすくなったり、貧血の原因になったりします。ココナッツには、ほかにカリウム・リン・マグネシウム・鉄・亜鉛(あえん)などのミネラルと、たんぱく質も含有するので、病後の回復に最適ですが、胃腸が冷えて下痢(げり)をしやすい人は要注意。
 ココナッツの乾燥品はケーキの飾りに、ココナッツミルクはタイ料理やデザートに用いられます。

出典 小学館食の医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

ココナッツ【coconut】

ココヤシの実。ココナット。ココナツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ココナッツの関連情報