コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゴメグサ

2件 の用語解説(コゴメグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コゴメグサ

草地にはえるゴマノハグサ科の一年生〜多年生半寄生植物。葉は対生し,卵形で柄がなく,2〜6対の鋸歯(きょし)がある。8〜10月,上部の葉腋に小さな唇形(しんけい)花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コゴメグサ
こごめぐさ / 小米草
[学]Euphrasia

ゴマノハグサ科の半寄生の一年草で、日本のコゴメグサ属の種類の総称。地域変異が多くて区別がむずかしく、明治以前はどの種もひとまとめにコゴメグサとよんでいた。名は、白い小さな花が米粒を思わせるのでいう。日本には7種あり、多くの変種に分けられる。ミヤマコゴメグサは葉の鋸歯(きょし)は鈍く、花は大きく、下唇は上唇よりずっと大きい。北アルプスを中心とする高山に生える。東北地方のホソバコゴメグサ、滋賀のイブキコゴメグサ、九州のツクシコゴメグサなどはこの変種。中部地方、関東地方の低山地でよくみられるのはタチコゴメグサで、葉にとがった鋸歯があり、萼(がく)は筒形、花はやや小さく、下唇は上唇よりやや長い。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コゴメグサの関連キーワードリナリア畦菜小米草胡麻の葉草紫蘇草常磐黄櫨比翼草虻の眼雛の臼壺ゴマ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コゴメグサの関連情報