コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コサメビタキ Muscicapa latirostris; Asian brown flycatcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コサメビタキ
Muscicapa latirostris; Asian brown flycatcher

スズメ目ヒタキ科。全長 13cm。頭,背,尾は灰褐色黒褐色,胸腹部は灰白色で地味。シベリア南部からモンゴル北部,中国東北地方,サハリン島千島列島南部,日本,さらにインド北部,ヒマラヤ山脈,中国西部に繁殖分布し,中国南部,東南アジアおよびインドに渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,九州地方から北海道の低山および平地の広葉樹林林縁疎林,庭園の林などに生息し,昆虫類をとる。横枝上に地衣類と多量のセン類羽毛,樹皮などをクモの糸で固めて,木のこぶのようなわん形の巣をつくる。「つぃー」という細い声で地鳴きをし,かぼそい鳴き声で複雑な音声のさえずりをする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コサメビタキ【brown flycatcher】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約13cm,雌雄ともに全体に灰褐色のじみな羽色をしている。近縁サメビタキよりもやや小さくて淡色。アジアの東部に分布し,日本では北海道から九州までの各地に生息する。秋・冬季にはインドや東南アジア方面に渡って越冬する。日本には4~5月に渡来し,おもに低山帯落葉広葉樹林にすむ。林縁部を好み,枝から空中にパッと飛び立って飛翔(ひしよう)中の昆虫をとらえて食べる。枝をピョンピョン移り渡ることはあまりしない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コサメビタキの関連キーワード鶲・火焼

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android