コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コサメビタキ コサメビタキ Muscicapa latirostris; Asian brown flycatcher

2件 の用語解説(コサメビタキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コサメビタキ
コサメビタキ
Muscicapa latirostris; Asian brown flycatcher

スズメ目ヒタキ科。全長 13cm。頭,背,尾は灰褐色,黒褐色,胸腹部は灰白色で地味。シベリア南部からモンゴル北部,中国東北地方,サハリン島千島列島南部,日本,さらにインド北部,ヒマラヤ山脈,中国西部に繁殖分布し,中国南部,東南アジアおよびインドに渡って越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コサメビタキ【brown flycatcher】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約13cm,雌雄ともに全体に灰褐色のじみな羽色をしている。近縁のサメビタキよりもやや小さくて淡色。アジアの東部に分布し,日本では北海道から九州までの各地に生息する。秋・冬季にはインドや東南アジア方面に渡って越冬する。日本には4~5月に渡来し,おもに低山帯の落葉広葉樹林にすむ。林縁部を好み,枝から空中にパッと飛び立って飛翔(ひしよう)中の昆虫をとらえて食べる。枝をピョンピョン移り渡ることはあまりしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コサメビタキの関連キーワードキクイタダキ紅雀ジョウビタキ(常鶲)シロハラ(白腹)センニュウ(仙入)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)ムギマキ(麦蒔)モズヒタキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コサメビタキの関連情報