コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミミズク コミミズクAsio flammeus; short-eared owl

3件 の用語解説(コミミズクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミミズク
コミミズク
Asio flammeus; short-eared owl

フクロウ目フクロウ科。全長 39cm。ハート形の顔盤に短い耳角がある。頭上,背,翼上面は黄褐色で,黒褐色の斑が密にある。尾は黄褐色と黒褐色の横縞模様。胸腹部は黄褐色で,黒褐色の縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コミミズク

フクロウ科の鳥。翼長31cm。全体が褐色で斑がある。顔は淡褐色。目は黄色で周囲は黒い。ユーラシアと北米の亜寒帯以北で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本へは冬鳥として渡来する。
→関連項目フクロウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミミズク
こみみずく / 小耳木兎
short-eared owl
[学]Asio flammeus

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。和名も英名も耳(羽角(うかく))の小さなフクロウの意。ユーラシア、北アメリカ、南アメリカの温帯から寒帯にかけて繁殖分布し、低緯度地方に渡る。ハワイ諸島など大洋の孤島には、留鳥としてすみついているものがある。草原にすみ、ネズミ類、小形の鳥、昆虫を食べ、巣も地上につくり、3~8個の卵を産む。日本には冬鳥として渡ってきて、河原、海岸の葦原(あしはら)などにすむ。全長約38センチメートル。褐色の体には濃い縦斑(じゅうはん)がある。顔盤とよばれる顔のくぼみはよく発達している。大きな目の虹彩(こうさい)は黄色。体の色の濃さと顔盤の模様は、地方差とともに個体差が著しい。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コミミズクの関連キーワードイタチ柴犬アノアエトピリカテンレックヘミガルス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コミミズクの関連情報