コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミミズク コミミズク Asio flammeus; short-eared owl

3件 の用語解説(コミミズクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミミズク
コミミズク
Asio flammeus; short-eared owl

フクロウ目フクロウ科。全長 39cm。ハート形の顔盤に短い耳角がある。頭上,背,翼上面は黄褐色で,黒褐色の斑が密にある。尾は黄褐色と黒褐色の横縞模様。胸腹部は黄褐色で,黒褐色の縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コミミズク

フクロウ科の鳥。翼長31cm。全体が褐色で斑がある。顔は淡褐色。目は黄色で周囲は黒い。ユーラシアと北米の亜寒帯以北で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本へは冬鳥として渡来する。
→関連項目フクロウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミミズク
こみみずく / 小耳木兎
short-eared owl
[学]Asio flammeus

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。和名も英名も耳(羽角(うかく))の小さなフクロウの意。ユーラシア、北アメリカ、南アメリカの温帯から寒帯にかけて繁殖分布し、低緯度地方に渡る。ハワイ諸島など大洋の孤島には、留鳥としてすみついているものがある。草原にすみ、ネズミ類、小形の鳥、昆虫を食べ、巣も地上につくり、3~8個の卵を産む。日本には冬鳥として渡ってきて、河原、海岸の葦原(あしはら)などにすむ。全長約38センチメートル。褐色の体には濃い縦斑(じゅうはん)がある。顔盤とよばれる顔のくぼみはよく発達している。大きな目の虹彩(こうさい)は黄色。体の色の濃さと顔盤の模様は、地方差とともに個体差が著しい。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コミミズクの関連キーワード木の葉木菟島梟白梟面梟こうふくろうずふくぶくろうふくろうフクロウ(梟)メンフクロウ(仮面梟)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コミミズクの関連情報