コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミーヌ コミーヌ Commynes, Philippe de

4件 の用語解説(コミーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミーヌ
コミーヌ
Commynes, Philippe de

[生]1447頃.フランドル,ルネスキュール
[没]1511.10.18. アーンドル,アルジャントン
フランスの歴史家。フランドルの貴族の生まれで,1464~72年ブルゴーニュ公に仕えたのち,フランス国王ルイ 11世のもとに走り,以後3代の国王の顧問官を務め,おもに対外交渉の任にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コミーヌ

フランスの回想録作者。ブルゴーニュ公に育てられ顧問官となる。1472年フランス王ルイ11世の宮廷に移る。次代のシャルル8世とは不仲で一時投獄された。隠退後の著作《回想録》は1464年―1498年のフランス内乱とイタリア遠征の記録で,鋭い観察眼による近代的歴史叙述の初めとされ,〈君主の必読書〉といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コミーヌ【Philippe de Commynes】

1447ころ‐1511
フランスの回想録作者。フランドルの領主貴族の家系の出。父ニコラはブルゴーニュ公フィリップ2世(善良公)に仕えた。もともとの家領コミーヌイープル南東の,現在フランス・ベルギー国境の町。コミーヌはそのさらに西,サン・トメール近郊のルネスキュールに生まれたらしい。1464年以降ブルゴーニュ公フィリップの息シャルルの側近に入る。67年父公を継いだシャルル(突進公)に72年まで仕えた後,シャルルに敵対するフランス王ルイ11世の側近に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミーヌ
こみーぬ
Philippe de Commynes (Commines)
(1447?―1511)

フランスの年代記作家、政治家。フランドルの町人貴族の出身。17歳でブルゴーニュ公家に仕えたが、フランス王ルイ11世に魅せられ、1472年ブルゴーニュ公シャルル・ル・テメレール(シャルル勇胆王)のもとを離れ、フランス宮廷に鞍(くら)替えした。ルイ11世とは気心が通じ重用される。その死後、摂政(せっしょう)アンヌ・ド・ボージュと対立し一時投獄されたが、1493年シャルル8世に召喚され、外交官として活躍。ルイ12世のもとではイタリア戦争に従軍した。その『回想録』Mmoires8巻(1489~98執筆)は、ルイ11世とシャルル8世の事績(1464~98)を記すが、6巻までのルイ王の政治手腕を述べた部分(1524刊)が優れ、「真に近代的な最初の著述家」(サント・ブーブ)と評される。[安斎和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コミーヌの関連キーワードオランドフラングレフランダースフランドル派フランスソワールマンデスフランスフランス領ソマリランドラスクフランスヴィ・ド・フランスペキネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コミーヌの関連情報