コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミーヌ Commynes, Philippe de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミーヌ
Commynes, Philippe de

[生]1447頃.フランドル,ルネスキュール
[没]1511.10.18. アーンドル,アルジャントン
フランスの歴史家。フランドルの貴族の生まれで,1464~72年ブルゴーニュ公に仕えたのち,フランス国王ルイ 11世のもとに走り,以後3代の国王の顧問官を務め,おもに対外交渉の任にあたった。シャルル8世の代には政争に巻き込まれて一時投獄されたこともある。 1489年『回想録』 Mémoiresの執筆を始め,ルイ 11世の治世をまとめ (第1部) ,1494~95年イタリア遠征に参加,その体験を第2部に書き上げた (1498完成) 。この『回想録』 (1524~28刊) には,2代にわたる王の治世と出来事が理性的な態度で描写されており,批判的歴史書の先駆をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コミーヌ

フランスの回想録作者。ブルゴーニュ公に育てられ顧問官となる。1472年フランスルイ11世の宮廷に移る。次代のシャルル8世とは不仲で一時投獄された。隠退後の著作《回想録》は1464年―1498年のフランス内乱とイタリア遠征の記録で,鋭い観察眼による近代的歴史叙述の初めとされ,〈君主の必読書〉といわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コミーヌ【Philippe de Commynes】

1447ころ‐1511
フランスの回想録作者。フランドルの領主貴族の家系の出。父ニコラはブルゴーニュ公フィリップ2世(善良公)に仕えた。もともとの家領コミーヌはイープル南東の,現在フランス・ベルギー国境の町。コミーヌはそのさらに西,サン・トメール近郊のルネスキュールに生まれたらしい。1464年以降ブルゴーニュ公フィリップの息シャルルの側近に入る。67年父公を継いだシャルル(突進公)に72年まで仕えた後,シャルルに敵対するフランス王ルイ11世の側近に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミーヌ
こみーぬ
Philippe de Commynes (Commines)
(1447?―1511)

フランスの年代記作家、政治家。フランドルの町人貴族の出身。17歳でブルゴーニュ公家に仕えたが、フランス王ルイ11世に魅せられ、1472年ブルゴーニュ公シャルル・ル・テメレール(シャルル勇胆王)のもとを離れ、フランス宮廷に鞍(くら)替えした。ルイ11世とは気心が通じ重用される。その死後、摂政(せっしょう)アンヌ・ド・ボージュと対立し一時投獄されたが、1493年シャルル8世に召喚され、外交官として活躍。ルイ12世のもとではイタリア戦争に従軍した。その『回想録』Mmoires8巻(1489~98執筆)は、ルイ11世とシャルル8世の事績(1464~98)を記すが、6巻までのルイ王の政治手腕を述べた部分(1524刊)が優れ、「真に近代的な最初の著述家」(サント・ブーブ)と評される。[安斎和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コミーヌの関連キーワードシャルル[8世]ルイ[11世]ルイ(11世)フランス文学シャストランベルギー文学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android