コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルダイテス コルダイテス Cordaites

6件 の用語解説(コルダイテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルダイテス
コルダイテス
Cordaites

古生代末期に栄えた裸子植物コルダイテス目に属する化石植物で,平行脈をもつ葉につけられた属名。針葉樹類の祖先といわれ,マツ,スギ,ヒノキ類に似た高さ 10~30mに達する高木。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルダイテス(〈ラテン〉Cordaites)

古生代の石炭紀から二畳紀に繁栄した裸子植物。大形のものは高さ約30メートル、葉は細長くて長さ1メートルに達し、葉に平行脈があるコルダ木(ぼく)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルダイテス

石炭紀後期〜ペルム紀に繁茂した裸子植物。高さ40m,直径4mにも達する。幹の表面が,現生のブナの肌(はだ)のようになめらか。たくさんの小枝が頂部から分かれ,枝の先に数十cm〜1mの細長い葉を密生する。
→関連項目石炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コルダイテス【Cordaites】

約3億~2億年前の石炭紀,二畳紀に繁茂した代表的な裸子植物の葉につけられた形態属名。この葉をもつ植物は針葉樹類の祖先系と考えられている。樹幹は30mにも達する高木で,頂端近くに樹冠をつくり,葉はらせん状に配列し,現生のユッカの葉に似て単葉,平行脈を示し,大きいものでは長さ1m,幅15cmにも達した。葉の形によって,鈍頭のものをユーコルダイテスEuCordaites,鋭頭のものをドリコルダイテスDoryCordaites,幅の狭いものをポアコルダイテスPoaCordaitesと区別して呼ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コルダイテス【Cordaites】

古生代の石炭紀から二畳紀にかけて繁茂し、絶滅した裸子植物の葉の化石。葉は、枝の先に束生し、披針形またはへら形で、平行脈があり、大きいもので長さ1メートルに及ぶ。30メートルぐらいの高木と推定され、針葉樹類の祖先系ともいわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルダイテス
こるだいてす
[学]Cordaites

古生代の石炭紀からペルム紀(二畳紀)にかけて繁栄した裸子植物の絶滅群コルダイテス類の基準属。南北両半球に分布した木本で、日本では宮城県登米(とめ)市のペルム紀米谷(まいや)層群(米谷植物群)から多産する。高木から湿地性の灌木(かんぼく)まで生活型は多様である。葉は幅3~7センチメートルの帯状で長さ10~20センチメートル、ときに1メートルに達し、葉脈は中肋(ちゅうろく)のない平行脈を特徴とする。南半球ゴンドワナ大陸のものはネゲラチオプシスNoeggerathiopsisとよばれ、北半球のものより一般に小形でへら型である。樹幹化石はコルダイキシロンCordaixylonあるいはメソキシロンMesoxylonとよばれているもので、材構造で区別される。
 生殖器官の化石はコルダイタントゥスCordaitanthusとよばれ、これは雌雄別で、いずれも細長く伸びた穂を形成する。雌性生殖器官は主軸上の葉(包葉)とその上側つけねに生じた生殖枝が単位となって、主軸上に繰り返されたもので、同じ基本構造は非常に単純化されてはいるが現在の球果植物(針葉樹類)とグネツム類にもみられる。このため、両者との類縁が示唆されている。しかし、受精方法に花粉管受精と精子受精の両方が確認されているなど、形質に多様性がみられることから、複数の系統を含む群である可能性も指摘されている。[西田治文]
『西田誠編、進化生物学研究所・東京農業大学農業資料室共同企画『進化生研ライブラリー4 裸子植物のあゆみ――ゴンドワナの記憶をひもとく』(1999・信山社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルダイテスの関連キーワード石炭紀二畳紀封印木鱗木蘆木新古生代メガネウラ茂しシュワゲリナペンシルベニア紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone