コンテンプト・オブ・コート

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンテンプト・オブ・コート
こんてんぷとおぶこーと
contempt of court

裁判所侮辱あるいは法廷侮辱と訳される。英米法において、裁判の公正性を害したり、裁判所の権威を傷つける行為をいう。裁判所はそれらの行為に対して、伝統的に、通常の刑事手続によることなく拘禁あるいは罰金といった強制制裁を加えることができる固有の権限を与えられてきた。侮辱は、直接侮辱と間接侮辱に分けられる。前者は、主として法廷でのあらゆる喧噪(けんそう)、暴動、侮辱的言語動作など直接裁判権の行使を侵害する場合であり、即時に即決で処罰される。後者は、その他の法廷外での妨害行為で、具体的には、証人の買収、証拠の偽造、裁判への不服従、それに裁判の誹謗(ひぼう)といったことなどである。この場合、イギリスでは、陪審員の審理にゆだねられることが多い。しかし、アメリカでは、陪審員なしで審理が行われることが多く、出版による侮辱や労働争議の差止め命令に対する違反侮辱の事例を中心に、略式の手続で処罰することの可否が論議されてきた。日本でも、英米法に倣った「法廷等の秩序維持に関する法律」によって、法廷の秩序を乱した直接侮辱の場合に、裁判所または裁判官が直接制裁を科することが認められている。[大出良知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android