コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイアス州 ゴイアスGoiás

2件 の用語解説(ゴイアス州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイアス〔州〕
ゴイアス
Goiás

ブラジル中部の州。旧綴 Goyaz。州都ゴイアニアブラジル高原中央部に南北に細長く延びる州で,南東部に特別行政区をなす首都ブラジリアを含む。南部に広がる標高 500~1000mの中央高原が分水界となって,その南はパラナ川源流パラナイバ川,北はトカンティンス川上流部を占め,東縁部がわずかにサンフランシスコ川の流域に含まれる。 1988年北半がトカンティンス州となって分離した。大部分は標高 750~900mの高地で,林地性のサバナ地帯が広がる。気候は概して亜熱帯性で,年平均気温は 22~26℃。年降水量約 1700mmで,4~9月が乾季。アマゾン低地を除くと人口密度が最も低い州の一つで,住民は南部に集中するが,1950年以降移住者により,急速に人口が増加してきている。主産業は牧牛と農業で,主要作物はイネ,トウモロコシ,豆類,キャッサバ,コーヒー。鉱業も盛んで,16世紀以来採掘されている金,ダイヤモンドのほか,スズ,チタンニッケル,水晶などを産する。中・北部ではブラジリアからアマゾン河口部のベレンへ通じるトランスアマゾン・ハイウェーが縦断するほかは交通網は未発達であるが,南部は鉄道・道路網によりサンパウロリオデジャネイロ両方面と密接に結ばれる。 2001年,植民地時代の面影を残し鉱山の町として発展したゴイアスの歴史地区が世界遺産文化遺産に登録された。面積 34万 km2。人口 402万 4547 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴイアス州の関連情報