ゴイサギ(英語表記)Nycticorax nycticorax; black-crowned night heron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイサギ
Nycticorax nycticorax; black-crowned night heron

ペリカン目サギ科。全長 58cm。頭上から背は濃緑青色で,後頭部に白色の 2~3本の長い飾り羽がある。と尾は灰白色,胸腹部は白色。虹彩は赤く,繁殖期になるとことに鮮やかな色になる。は黒,脚は黄色。幼鳥は褐色地に黄白色の斑点があり,ホシゴイと呼ばれる。北アメリカ温帯から南アメリカ全域,ユーラシア大陸の温帯から熱帯,日本,フィリピンインドネシアの島々,アフリカなどに広く繁殖分布し,北方で繁殖するものは生息地の南部に渡って越冬する。日本では本州以南の各地で繁殖し,ほかのサギ類といっしょか,本種だけで集まって,樹上に営巣する。夜行性で,薄暗くなると群れになって川,湖沼養魚池などに出かけ,水辺で甲殻類やカエルなどをとるほか,待ち伏せて水面近くに浮上してきた魚類をくわえとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイサギ
ごいさぎ / 五位鷺
night heron
[学]Nycticorax nycticorax

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。全長約60センチメートル。成鳥は、頭上と背が緑黒色で、後頭に数本の長い白色冠羽があり、翼、腰、尾は灰色、下面は汚白色である。幼鳥は全体に褐色で、淡色の縦斑(じゅうはん)や小斑があり、ホシゴイ(星五位)の名がある。オセアニアと極地を除く全世界に分布する。日本では本州以南の各地に留鳥または漂鳥として生息するが、冬期南方に渡るものもある。夜行性で、昼間は薄暗い森にすみ、夕方水田や小川に出て、魚、カエル、ザリガニなどを捕食する。夜空をクワックワッと鳴きながら飛んで行く鳥は採食場に向かうゴイサギで、ヨガラス(夜鴉)の別名もある。また、ゴイサギの和名は、醍醐天皇(だいごてんのう)の時代に、天皇の命によりこのサギを捕らえようとしたところ、すなおに従ったので五位の位を与えた故事に由来するとされる。繁殖期には神社の境内や御陵内などに多い竹林や松林に集まり、集団繁殖する。ゴイサギの仲間は世界に3種があり、ハシブトゴイNycticorax caledonicusはオセアニアに広く分布する。そのうちの1亜種が小笠原(おがさわら)諸島に生息していたが、1889年(明治22)の採集が最後で現在では絶滅した。他の1種ミノゴイNyctanasaa violaceusは北アメリカに分布する。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴイサギの関連情報