コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴードン ゴードン Gordon, Charles George

13件 の用語解説(ゴードンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴードン
ゴードン
Gordon, Charles George

[生]1833.1.28. ウーリッチ
[没]1885.1.26. ハルツーム
イギリスの軍人。中国名は戈登。クリミヤ戦争に従軍,次いでアロー戦争で北京占領に参加 (1860) ,太平天国揚子江下流進出に対して,上海の外人居留地を防衛。 1863年 (清,同治2年) ,イギリス陸軍少佐のまま常勝軍指揮官となり,64年にかけて常熟,蘇州,常州を太平軍から奪回し,同治帝から提督の官位を授与された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Lord George

[生]1751.12.26. ロンドン
[没]1793.11.1. ロンドン
イギリスの反カトリック運動指導者,「ゴードンの暴動」の主謀者。3代ゴードン公コズモ・ジョージの3男。初め海軍に入ったが,1774~80年下院議員。 78年カトリック教徒救済法が成立すると,翌年これに反対する「新教徒連合」を組織してその総裁となり,80年ロンドンで反カトリック暴動を引起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Sir John Watson

[生]1788. エディンバラ
[没]1864. エディンバラ
イギリスの画家。トラスティ・アカデミーに学ぶ。最初歴史画を描いていたがのちに肖像画家となった。 1817年よりロイヤル・アカデミーに出品,50年スコットランドロイヤル・アカデミーの会長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Patrick

[生]1635.3.31. アバディーン,オチリュチリーズ
[没]1699.12.9. モスクワ
数奇な運命をたどりロシアの将軍となったスコットランド人。ポーランドおよびスウェーデン軍に勤務したのち,1661年少佐でロシア陸軍に入隊。 62年モスクワ反乱を鎮圧して大佐に昇進,66年ツァーリの使節として訪英したが成功しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Richard Francis, Jr.

[生]1929.10.5. シアトル
アメリカ宇宙飛行士。海軍で飛行訓練を受け,その後テストパイロットを経て,1963年第3期宇宙飛行士の一人に選ばれた。 66年9月ジェミニ 11号で C.コンラッドとともに地球を 47周し,その間標的のアジェナ衛星とドッキング,45分間の宇宙遊泳を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Robert Aaron

[生]1908.7.26. アメリカ,ワシントン
[没]1978.4.7. アメリカ,バークリー
アメリカの経営学者。 1928年ジョンズ・ホプキンズ大学卒業後,34年ハーバード大学で博士号を取得。 38年カリフォルニア大学 (バークリー) に移り,47年以降同大学教授。この間大統領雇用失業統計委員会委員長,アメリカ経済学会副会長など多数の要職を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Ruth

[生]1896.10.30. マサチューセッツウォラストン
[没]1985.8.28. マサチューセッツ,エドガータウン
アメリカ合衆国の女優,作家。フルネーム Ruth Gordon Jones。高校卒業後,ニューヨークアメリカ演劇アカデミーで学び,1915年にサイレント映画 "The Whirl of Life"にエキストラとして出演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴードン
ゴードン
Gordon, Beate Sirota

[生]1923.10.25. オーストリアウィーン
[没]2012.12.30. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の文化大使。1947年に施行された日本国憲法の草案作成に携わり,女性の権利を盛り込むうえで中心的な役割を果たした。両親はロシア生まれで,著名なピアニストだった父が日本に招聘され,5歳のときに一家で訪日した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゴードン(Charles George Gordon)

[1833~1885]英国の軍人。中国名、戈登。1863年、李鴻章(りこうしょう)の要請で常勝軍を率い、太平天国の乱の鎮定に活躍。のち、スーダン反乱軍討伐中に戦死。ゴルドン

ゴードン(Beate Sirota Gordon)

[1923~2012]ウィーンの生まれ。5歳から15歳までを日本で過ごす。第二次大戦中は米国で過ごし、戦後はGHQの民間職員として再来日。日本国憲法の草案作成に携わり、男女平等に関する条項を起草した。その後も米国を拠点に、日米の文化交流運動などに取り組んだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴードン

英国の軍人。漢字で戈登と記す。1860年中国に出征,英仏連合軍の北京攻略に参加。1863年常勝軍指揮官となり太平天国軍鎮圧に活躍。のちエジプト・スーダン総督などを歴任。
→関連項目マフディー派

ゴードン

日本国憲法の起草作業に関わったアメリカ人女性。ロシア系ユダヤ人の父母をもち,オーストリアのウィーン生れ。父は有名なピアニストのレオ・シロタ。5歳の時に父が東京音楽学校(現,東京芸術大学)の教授として招かれたのに伴い来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ゴードン【Charles George Gordon】

1833~1885) イギリスの軍人。漢名、戈登。1863年から「常勝軍」を率いて太平天国の鎮圧に当たる。のちスーダンの反英反乱討伐に赴き、戦死。ゴルドン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴードンの関連キーワードノリッチノリッチ城うるおいエアーリッチエアーリッチグリコカフェオーレコーヒーリッチシルキーリッチシリーズハニーリッチボス リッチオンリッチリッチマン、プアウーマンVANQUE LIQUID

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴードンの関連情報