コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイトカイニン サイトカイニン cytokinin

翻訳|cytokinin

7件 の用語解説(サイトカイニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイトカイニン
サイトカイニン
cytokinin

植物ホルモンのうちの一群で,6-アミノプリンの置換誘導体の一般式で表示できる。代表的なものは,最初に DNA分解物中から発見されたカイネチンで (1955) ,細胞質分裂 (サイトキネシス) を促進することからの命名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サイトカイニン(cytokinin)

植物ホルモンの一。細胞分裂の促進、生長の促進などに関係し、カイネチンと同様な生理機能をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイトカイニン

植物ホルモンの一種。カイネチンと同様の生理活性を示すもの(ゼアチン,ゼアチンリポシド,イソペンテニルアデニンなど)の総称。共通して,6−アミノプリンのアミノ基に,炭素数5の置換基がついた基本骨格をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サイトカイニン

 キニンともいう.植物ホルモンすなわち植物の成長調節物質の一種.培養植物細胞の細胞分裂促進物質で,6N置換プリン誘導体の総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サイトカイニン【cytokinin】

植物ホルモンの一種で,広く植物体中に分布し,重要な生理機能を果たしている。植物のいろいろな器官,組織を無菌的に切り出し,種々の栄養素オーキシンを含む寒天培地上で培養すると,組織の切口に細胞の塊が発生する。これは細胞が無方向に分裂を行って生じたもので,切り出した切片と異なり,組織化されていない細胞の集まりである。これはカルスcallusとよばれ,この現象を脱分化とよぶ。このカルスを継続的かつ継代的に増殖させるためには,培地に栄養素,オーキシンのほかに,ココナッツミルク,ニシンの精子,酵母の加水分解物などを添加することが必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サイトカイニン【cytokinin】

カイネチンと同様の生理作用をもつ化合物の総称。キニン。 → カイネチン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイトカイニン
さいとかいにん
cytokinin

植物ホルモンの一グループ。6位アミノ基に置換基をもつアデニン(6-アミノプリン)の誘導体で、カイネチンと同じ生理作用を示す一群の化合物の総称である。また、カイネチンと同じ作用をもつチジアズロンのようなフェニル尿素系化合物を含めることもある。[勝見允行]

カイネチンの発見

アメリカ、ウィスコンシン大学のスクーグFolk Skoog(1908― )グループの植物組織培養に関する研究の過程で発見された。タバコ茎の髄組織をオーキシン(インドール酢酸)の存在下で、ニシンの精子から得た古くなったDNAといっしょに培養すると、著しく細胞分裂が促進されることがつきとめられた。その後、同じグループのミラーC. O. Millerらは1955年、DNAの分解産物であるこの活性物質を単離して構造を決定し、6-アミノフルフリルプリンであることを明らかにし、カイネチンkinetinと名づけた。[勝見允行]

天然サイトカイニン

最初に発見された天然サイトカイニンは、1963年、オーストラリアのリーサムD. S. Lethamによって、トウモロコシの未熟種子から単離されたトランス・ゼアチンtrans-zeatin(ゼアチン)である。天然サイトカイニンは、ほかにも幾種類か単離されているが、ゼアチンがもっとも広く植物界に分布する。天然サイトカイニンは、ゼアチンのように、普通、6位のアミノ基に炭素数5のイソプレン骨格の置換基をもつ。サイトカイニンは、9位の窒素原子にリボフラノシルribofuranosyl基、あるいはリボフラノシルリン酸ribofuranosyl-5-phosphate基が置換した複合型としても存在する。複合型は、植物体内の移動のための形、あるいは貯蔵のための形と考えられている。サイトカイニンは、普通、根で合成され、木部樹液によって地上部に輸送されて、成長の盛んな若い組織に集められるほか、篩管(しかん)液によって植物体内に再分布される。[勝見允行]

サイトカイニンとtRNA

サイトカイニンは、植物のほか、動物や微生物から得られるtRNA(転移RNA)のなかに、アンチコドンの3'末端の次に並ぶヌクレオチドとしても存在している。しかも、サイトカイニンを含むtRNAは、mRNA(メッセンジャーRNA)のU(ウラシル)で始まる3塩基の配列したコドン(遺伝暗号)に対して相補的な関係にあるアンチコドンをもつものに限られている。しかし、このように、限られたtRNA種中だけに存在するということが、サイトカイニンの生理作用と直接関係をもつとは考えられていない。[勝見允行]

生理作用

サイトカイニンは、オーキシンと共同して細胞分裂(増殖)を促進する。切り出した植物組織を両ホルモンを含む寒天栄養培地に置くと、細胞が増殖して不定形の細胞塊(カルス)が形成される。カルスは新しい培地に移せば継続的に増殖することができる。自然界ではアグロバクテリウムAgrobacterium tumefasciensというバクテリアに植物が感染すると、カルスに似たこぶ(クラウンゴール)ができる。アグロバクテリウムにはTi-プラスミドがあり、そのTi領域にはオーキシンとサイトカイニンの合成にかかわる遺伝子が含まれている。Ti領域は感染した植物の細胞に入り、染色体に組み込まれる。そこでこの遺伝子は発現して、オーキシンとサイトカイニンを多量に生産することになる。その結果、細胞の異常増殖がおきる。
 サイトカイニンは側芽の成長、不定芽の分化を促進する。自然界にみられるサクラの樹木などでのてんぐ巣病による不定芽の形成はこの微生物によってサイトカイニンの合成が促された結果である。サイトカイニンはほかにも、植物器官、とくに葉の老化の遅延、葉の緑化と成長促進、蒸散の促進などの働きがある。[勝見允行]
『増田芳雄著『植物生理学』(1988・培風館) ▽倉石晋著『植物ホルモン』(1988・東京大学出版会) ▽勝見允行著『生命科学シリーズ 植物のホルモン』(1991・裳華房) ▽増田芳雄編著『絵とき 植物ホルモン入門』(1992・オーム社) ▽高橋信孝・増田芳雄編『植物ホルモンハンドブック』上(1994・培風館) ▽小柴共一・神谷勇治編『新しい植物ホルモンの科学』(2002・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサイトカイニンの言及

【カルス】より

…癒傷組織ともいう。最近ではこの定義を拡大して,植物体の一部を植物ホルモン(オーキシンやサイトカイニンなど)を含む培地上で培養したとき生じる人工的な細胞塊もカルスという。すでに分化していた細胞が,外的条件によって脱分化する例の典型で,カルスは活発な増殖を行ったのち,やがて再分化することが多い。…

【植物生長調節剤】より

… また植物ホルモンの一つであるジベレリン(主として発酵法で大量に製造されるジベレリンA3(GA3)が使われる)は,ブドウとくにデラウェア種,マスカット・ベリーA種などの単為結果による種なし化に広く用いられるほか,その他のブドウやナシの果実肥大,園芸植物における開花促進などに用いられる。植物ホルモンの一つであるサイトカイニンの合成同族体,6‐(N‐ベンジル)アミノプリン(ベンジルアデニン,商品名ビーエー)は,ブドウの花ぶるい防止,尻上り防止にジベレリンと混合して使用される。エチレンは最も簡単な化学構造を有する植物ホルモンで,多岐にわたる生理現象の発現に関与していることが知られている。…

※「サイトカイニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイトカイニンの関連キーワードジベレリン植物ホルモン開花ホルモン傷ホルモン脳下垂体中葉ホルモン生長素エチレン吸収剤成長ホルモン放出ホルモントランスジェニック植物住木諭介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイトカイニンの関連情報