サクラガイ(桜貝)(読み)サクラガイ(英語表記)Nitidotellina nitidula

世界大百科事典 第2版の解説

サクラガイ【サクラガイ(桜貝) Nitidotellina nitidula】

ニッコウガイ科の二枚貝(イラスト)。の長さ3cm,高さ1.8cm,幅0.6cmで,横長の楕円形。扁平で薄く,前方はまるく,後方は多少切ったようになる。半透明光沢があり,淡桃色から桃赤色で後端部は多少濃く,殻頂から後下方へ2本の淡色帯がでる。ときに白色個体もある。殻頂は多少後方に寄って低く,その後に黒褐色の両殻を結ぶ靱帯がある。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国沿岸に広く分布し,潮間帯より水深20mくらいまでの細砂底にすむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android