コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラガイ Nitidotellina nitidula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクラガイ
Nitidotellina nitidula

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科。長 3cm,殻高 1.8cm,殻幅 0.6cm。殻は薄質,扁平で光沢があり,通常桜色であるが,紅桃色あるいは白色の個体もある。殻表には成長脈のほかに,やや斜めになった筋が走り,また殻頂より後腹へ多少濃色の色帯がある。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国沿岸の潮間帯から水深 20mの細砂底にすみ,砂浜に打上げられる。貝殻が美しいので貝細工の材料となり,幸福を招くと愛玩され,詩歌の題材にもなっている。ハナガイ,ベニガイともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サクラガイ

ニッコウガイ科の二枚貝。高さ1.8cm,長さ3cm,幅0.6cm。殻は扁平,薄質で,淡桃色から桃赤色で,ときに白・黄色。北海道南部〜九州,朝鮮半島,中国沿岸の浅海の細砂底にすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サクラガイ
さくらがい / 桜貝
[学]Nitidotellina nitidula

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科の二枚貝。北海道南部から九州および朝鮮半島、中国沿岸に分布し、潮間帯から水深10メートルぐらいの砂泥底にすむ。殻長30ミリメートル、殻高18ミリメートル、殻幅6ミリメートルに達する。殻は楕円(だえん)形で扁平(へんぺい)、薄質の半透明で、殻表は光沢があり、桜色ないし白色をしている。殻頂から後腹隅にかけてやや濃色帯を放射する。左殻を下にし、斜め横になって砂泥底に潜って長い水管を出している。本種は古来、詩歌の題材となっている。
 一般にサクラガイとよばれるのは本種に限らず、同科の近似種が多い。とくに姿の似たカバザクラガイN. iridellaやモモノハナガイMoerella jedoensisもそうであるが、これらの種は、本当のサクラガイが内湾的環境にすむのに対し、外洋砂浜にすみ、その死殻が多く打ち上げられている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サクラガイの関連キーワードベニガイ(紅貝)シェルピンク日光植物園バカガイ花貝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サクラガイの関連情報