コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラガイ サクラガイ Nitidotellina nitidula

3件 の用語解説(サクラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクラガイ
サクラガイ
Nitidotellina nitidula

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科。殻長 3cm,殻高 1.8cm,殻幅 0.6cm。殻は薄質,扁平で光沢があり,通常桜色であるが,紅桃色あるいは白色の個体もある。殻表には成長脈のほかに,やや斜めになった筋が走り,また殻頂より後腹へ多少濃色の色帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サクラガイ

ニッコウガイ科の二枚貝。高さ1.8cm,長さ3cm,幅0.6cm。殻は扁平,薄質で,淡桃色から桃赤色で,ときに白・黄色。北海道南部〜九州,朝鮮半島,中国沿岸の浅海の細砂底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サクラガイ
さくらがい / 桜貝
[学]Nitidotellina nitidula

軟体動物門二枚貝綱ニッコウガイ科の二枚貝。北海道南部から九州および朝鮮半島、中国沿岸に分布し、潮間帯から水深10メートルぐらいの砂泥底にすむ。殻長30ミリメートル、殻高18ミリメートル、殻幅6ミリメートルに達する。殻は楕円(だえん)形で扁平(へんぺい)、薄質の半透明で、殻表は光沢があり、桜色ないし白色をしている。殻頂から後腹隅にかけてやや濃色帯を放射する。左殻を下にし、斜め横になって砂泥底に潜って長い水管を出している。本種は古来、詩歌の題材となっている。
 一般にサクラガイとよばれるのは本種に限らず、同科の近似種が多い。とくに姿の似たカバザクラガイN. iridellaやモモノハナガイMoerella jedoensisもそうであるが、これらの種は、本当のサクラガイが内湾的環境にすむのに対し、外洋砂浜にすみ、その死殻が多く打ち上げられている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクラガイの関連キーワードイガイ軟体動物二枚貝類桜貝二枚貝紅貝鷺貝皿貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サクラガイの関連情報