コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サテュリコン

2件 の用語解説(サテュリコンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サテュリコン

ペトロニウス作と伝えられるローマの小説。二人の悪童が大胆ないたずらを繰り返しながら放浪して歩く,悪者小説の一種で,散文韻文の入り混じった形式で書かれ,帝政初期のローマの風俗を活写している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サテュリコン【Satyricon】

紀元後1世紀にペトロニウスによって書かれたと伝えられるローマの小説。もとは全16巻から成る長編小説だったらしいが,現在はそのうち最後の3巻からの抜粋が残っているにすぎない。主人公のエンコルピウスとその友人アスキュルトス,それに奴隷の美少年ギトンが中心人物で,3人が南イタリアの港町を舞台にして何者かに追われながら放浪の旅をつづけていく物語になっている。その中でもとりわけ有名なのは〈トリマルキオの饗宴〉と呼ばれている部分で,かつては奴隷だったトリマルキオが現在では解放されて大金持になって,想像を絶する豪華な宴会を催している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサテュリコンの言及

【男色】より

…ハドリアヌスはその寵児アンティノオスのために町を建て,神格化さえ行った。当時の乱れた性風俗を描くペトロニウスの《サテュリコン》には美少年との愛欲を争って楽しむ2人の男の話がある。ラテン語には男色にまつわる語彙が約90あって,マルティアリスらは男色行為をうたいあげている。…

【ラテン文学】より

…ほかにウェレイウス・パテルクルスVelleius Paterculus,クルティウス・ルフスCurtius Rufus,フロルスなどの歴史家の名がみられる。またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。…

【ローマ】より

…また尿意を催しても臥台を立つことすらせず,奴隷がささげ持つ尿瓶で用を済ませてしまう横着者もいた。 財力を誇示するためのばかげた浪費の極致は,ペトロニウス作《サテュリコン》に登場する解放奴隷トリマルキオTrimalchioの宴席であろう。そこでは単に珍味にとどまらず,たとえば大盆を天空に模して各星座にちなんだ料理を載せたり,木製鶏の下から取り出された孔雀の卵のなかに調理された小鳥が丸まっていたりなど,さまざまな奇趣を凝らした料理が供され,宴は終わるかと思えばまた始まり,総計62種の料理・飲物が出されている。…

※「サテュリコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サテュリコンの関連キーワードアポロニウスの円ペトロザボーツクペトロニウス口語文サンペトロニオ聖堂シャンルウルファ城ペトログラード要塞ペトロニウムボドルムペトロブラステシス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone