サトウ(英語表記)Satow, Ernest Mason

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サトウ
Satow, Ernest Mason

[生]1843.6.30. ロンドン
[没]1929.8.26. デボン,オタリセントマリ
イギリスの外交官。ロンドン大学卒業後,1861年日本在勤通訳生に合格,62年来日,76年公使館書記官,83年帰国。その間,特に明治維新後において倒幕派を支持し,西郷隆盛,木戸孝允ら倒幕派雄藩の指導者とイギリス公使 H.パークスとの連絡に努めた。 66年『ジャパン・タイムズ』紙に発表した論説"English Policy"は『英国策論』として邦訳され,倒幕派を鼓舞した。 95年公使として再度来日,1900~06年には清国駐在公使として義和団事変の処理にあたった。著書に『一外交官のみた明治維新』A Diplomat in Japan (1921) があり,その日記や受信書簡などはイギリス官公記録局に残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

サトウ

没年:1929.8.26(1929.8.26)
生年:1843.6.30
幕末明治期のイギリスの外交官。薩道と号す。ロンドンのクラプトンに生まれる。1859年夏ロンドンのユニバーシティ・カレッジに入学。2年で修了したころ,兄が借りてきたL.オリファントの《Narrative of the Earl of Elgin’s Mission to China and Japan in the Years 1857,’58,’59.》に魅了され,東洋に憧れる。まもなく外務省の通訳生試験に合格,61年8月20日,日本への通訳生に任命された。北京,上海を経て,文久2年8月15日(1862年9月8日)横浜に着任した。慶応1(1865)年4月横浜領事館付き日本語通訳官となり,翌年『ジャパン・タイムズ』に「英国策論」を発表,自ら日本語に翻訳した。それは,天皇を元首とする諸大名の連合体が将軍に代わって支配勢力になるべきという内容で,広く流布した。明治1(1868)年1月日本語書記官に昇任,翌年2月一時帰国ののち,同3年末に帰任。8年2月再び一時帰国し,10年3月帰任。15年12月31日離日した。1984年1月シャム総領事に任命され,はじめて全権の地位につき,85年2月公使に昇任,87年5月帰国し弁護士の資格を得る。ウルグアイ公使,モロッコ公使を務めたのち,日本駐在公使に任命され明治28年7月16日に来日。同33年5月4日離日し,10月26日清国公使として北京に着任,1906年7月帰国し,同年10月引退した。その死去に際して『タイムズ』は「偉大な極東外交官」とたたえた。『会話篇』,『英和口語辞典』,『一外交官の見た明治維新』(坂田精一訳,1960)をはじめ数多くの日本研究書を残す。<著作>長岡祥三・福永郁雄訳『アーネスト・サトウ公使日記』

(内海孝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サトウの関連情報