コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サドベリー サドベリー Sudbury

4件 の用語解説(サドベリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サドベリー
サドベリー
Sudbury

カナダ,オンタリオ州南東部の鉱業都市。カナダ楯状地の南端にあり,周辺はゆるい起伏の地形で,湖沼が多い。 1883年カナディアンパシフィック鉄道の建設時に付近で銅鉱やニッケル鉱が発見され,急速に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サドベリー

カナダ,オンタリオ州南部の世界的鉱山都市。世界総生産の過半を占めるニッケル鉱山があり,銀,白金,銅,金,コバルトなども産する。金属製錬工業が発達。8万5354人(2001)。
→関連項目正マグマ鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サドベリー【Sudbury】

カナダ,オンタリオ州南東部の鉱山都市。人口9万2884(1991)。カナダ楯状地上のタイガ地帯に位置する。付近一帯は世界最大のニッケル産出地として知られるほか,銅,白金,コバルトなども大量にとれる。カナダ国際ニッケル会社INCOなどがあり,製錬工業も盛んである。1883年カナダ・パシフィック鉄道の敷設工事中に,銅・ニッケル鉱脈が発見された。両次大戦を通じて飛躍的に発展したが,第2次大戦後は大気汚染が問題にされ,1970年代初めに州によって汚染防止規制が実施された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サドベリー
さどべりー
Sudbury

カナダ、オンタリオ州南東部の一大鉱業都市。人口8万5354、大都市域人口15万5601(2001)。北部オンタリオで最大の商業中心地である。1883年にニッケルが発見されたが、初期は銅を産出していた。世界最大のニッケル生産会社ヴァーレ・インコ社のサドベリー鉱床帯があり、2007年のニッケル生産量は8万2700トンであった。そのほか銅、コバルト、パラジウムプラチナなども産する。カナダ横断鉄道が敷設され、1930年に市となった。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サドベリーの関連キーワードオンタリオガティノーティミンズトロントナイアガラフォールズアッパーカナダビレッジナイアガラオンザレイクオンタリオ州議会議事堂オンタリオ[州]グエルフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サドベリーの関連情報