サバナ気候(読み)サバナきこう(英語表記)savanna climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバナ気候
サバナきこう
savanna climate

熱帯気候の一つで,年間のうち乾季雨季が明瞭に区別され,気温の年較差が大きい気候。熱帯夏雨気候,熱帯原野気候熱帯サバナ気候ともいう。ウラジーミル・P.ケッペン気候区分では最乾月の降水量が 60mm以下の気候である。夏には熱帯収束帯の影響を受け雨季となり,冬には亜熱帯高気圧の影響で乾季となる。イネ科の草を主体とする草原が特徴で,肉牛の放牧が行なわれるが,乾季には疎林は落葉し草は枯れて褐色となる。赤道よりやや高緯度側にあたり,南アメリカのギアナ・ブラジル高地,コンゴ流域を除くアフリカの大部分がその代表的な地域である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サバナ‐きこう【サバナ気候】

ケッペンの気候区分による熱帯気候の一。符合はAw。1年が雨季乾季に明瞭に分けられる。ブラジル中部やオーストラリア北部・インドタンザニアコンゴ南部などにみられ、まばらな樹林サバナと呼ばれる草原が広がり、農業ではコーヒーサトウキビ綿花などの栽培に適する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android