コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヘル Sahel

翻訳|Sahel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヘル
Sahel

アラビア語でサーヒル Sāhil。セネガルからスーダンにいたる西アフリカの地方。帯状地帯で,サハラ砂漠を西アフリカ熱帯雨林地域から分ち,セネガル北部,モーリタニア南部,マリニジェール川の大湾曲部,ニジェール南部,ナイジェリア北東部,チャド南中部に及ぶ。降水量は年 100~200mmで,おもに6~8月に限られ,草原の中に藪やアカシアなどの生えるサバナ地帯で,ラクダ,ウシ,ヒツジなどの自然の牧場となっている。農産はおもにナンキンマメミレット (雑穀) であるが,一部に過度の耕作と放牧のため砂漠化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サヘル

西はモーリタニア南部から東はチャド中南部(スーダン,エチオピア西部を含める場合もある)まで東西に帯状に延びる,サハラ砂漠南縁部の地域。その名称は,縁,境界,岸辺などを意味するアラビア語〈サーヒル〉に由来する。
→関連項目スーダン(地域)フルベマリ(国)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サヘル【Sahel】

アフリカ,サハラ砂漠南縁の地域名。セネガル北部,モーリタニア南部から,マリ中部,ニジェール南部,チャド中南部まで,西から東に帯状に延びる。乾燥したサハラ砂漠から熱帯アフリカへの漸移地帯で,植生はステップないしサバンナ景観を示す。1年の大半は乾季で,6月から8月にかけての短い雨季に200mm前後の雨が降る。遊牧民の生活舞台であるとともに,セネガル川,ニジェール川,チャド湖の沿岸では農耕も見られる。【 研二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サヘル【Sahel】

アフリカのサハラ砂漠の南縁の草原地域。セネガルからチャドまで、東西に帯状に広がる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のサヘルの言及

【アフリカ】より

… このようなメカニズムによって,北アフリカの中央には広大なサハラ砂漠が広がり,南アフリカの中央には,カラハリ砂漠とナミブ砂漠が出現している。サハラ砂漠の南縁の部分はサヘル地帯と呼ばれ,砂漠と森林地帯の境として活発な交易の行われている所であるが,赤道西風の北上が少ない年がときどきあり,そのときには,激しい干ばつにみまわれる。西アフリカの干ばつが報告されるときに出てくる国名が,セネガル,マリ,オートボルタ,ニジェール,チャド,スーダンなどであるのは,これらの国がサヘル地方に位置しているためであって,そのときでも,リベリア,コートジボアール,ガーナ,カメルーンなどの国名が現れないのは,これらの地方が,赤道西風吹走の中心部にあたっているためである。…

【マグリブ】より

…すなわち,地中海岸に沿った平地は,夏は乾燥・高温,冬は比較的多雨の地中海式気候区に属しているので,果樹や穀物栽培に適している。ここは,古くはローマ帝国時代から小麦を中心とする穀倉地帯であったし,チュニジア東部海岸,ハマメトからスファックスのいわゆるサヘル地帯は,今日に至るまでオリーブの産地として有名である。また,かつてのローマやフェニキアが建設した都市,例えばアルジェリアのシャルシャル(シェルシェル),チュニジアのウティカやカルタゴなどと同様に,カサブランカ,アルジェ,チュニスなど現在の主要都市も,多くがこの気候区に位置している。…

※「サヘル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サヘルの関連キーワードイスラム・マグレブ・アルカイダフランス・アフリカ諸国首脳会議FIFAクラブ・ワールドカップ近・現代アフリカ史(年表)アルフレッサヘルスケアフランス領西アフリカマルワ(カメルーン)世界のおもな局地風スーダン(地域名)サヘラントロプススーダン(地域)ブルキナ・ファソサヘル・ローズトゥアレグ族サヘル地域トゥアレグチュニジア農耕文化サルガド焼畑農耕

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サヘルの関連情報