コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥) サヤハシチドリ

1件 の用語解説(サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サヤハシチドリ【サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)】

チドリ目サヤハシチドリ科Chionididaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥はおよそハトくらいの大きさで,全長36~43cm。体は太り,くびは短い。くちばしは短小でその基部には鼻孔を覆っている鞘状の付属物があるのでこの名がある。脚も短く太くて強い。翼は比較的長くてとがり,翼角に短い角状の突起がある。体は全身白く,眼の付近は皮膚が裸出している。世界には2種があり,亜南極圏および南極圏の島々に分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)の関連キーワード千鳥鵤千鳥川千鳥小千鳥白千鳥友千鳥白山千鳥百千鳥千鳥目目大千鳥

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone