サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)(読み)サヤハシチドリ

世界大百科事典 第2版の解説

サヤハシチドリ【サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)】

チドリ目サヤハシチドリ科Chionididaeの総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥はおよそハトくらいの大きさで,全長36~43cm。体は太り,くびは短い。くちばしは短小でその基部には鼻孔を覆っている鞘状の付属物があるのでこの名がある。も短く太くて強い。は比較的長くてとがり,翼角に短い角状の突起がある。体は全身白く,眼の付近は皮膚出している。世界には2種があり,亜南極圏および南極圏の島々に分布している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android