コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥) サヤハシチドリ

世界大百科事典 第2版の解説

サヤハシチドリ【サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)】

チドリ目サヤハシチドリ科Chionididaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥はおよそハトくらいの大きさで,全長36~43cm。体は太り,くびは短い。くちばしは短小でその基部には鼻孔を覆っている鞘状の付属物があるのでこの名がある。脚も短く太くて強い。翼は比較的長くてとがり,翼角に短い角状の突起がある。体は全身白く,眼の付近は皮膚が裸出している。世界には2種があり,亜南極圏および南極圏の島々に分布している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android