コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヤハシチドリ サヤハシチドリ Chionis albus; snowy sheathbill

2件 の用語解説(サヤハシチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヤハシチドリ
サヤハシチドリ
Chionis albus; snowy sheathbill

チドリ目サヤハシチドリ科。全長 34~41cm。ニワトリの雌をずんぐりさせたような姿の鳥で,は短くて厚く,名前のように角質のさやのようなもので覆われている。色はくすんだ黄色で,背の部分は黒みを帯びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヤハシチドリ
さやはしちどり / 鞘嘴千鳥
sheath bill

広義には鳥綱チドリ目サヤハシチドリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Chionididaeの仲間は、南極周辺に2種が分布しており、全身白色をしている。上嘴(くちばし)の基部に角質の鞘(さや)状をした付属物があり、鼻孔を保護している。雑食性で、餌(えさ)は海獣類の死体、ペンギン類の雛(ひな)や卵、動物の排出物、甲殻類、軟体動物、藻類などいろいろである。人間の住まない地域にいるので、人間を恐れない。2、3卵を産み、雌雄とも抱卵する。
 種のサヤハシチドリChionis albaは全長約40センチメートル。サウス・ジョージア、サウス・オークニー、サウス・シェトランドなど南極海の島々やホーン岬付近などで繁殖する。嘴は黄色がかり、足は黒色を呈している。ヒメサヤハシチドリC. minorは南極大陸やプリンス・エドワード島、ケルゲレン島、ハード島などで繁殖している。眼先(めさき)と嘴は黒色で、足はピンク色である。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サヤハシチドリの関連キーワード鵤千鳥川千鳥小千鳥白千鳥友千鳥チドリ(千鳥)サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)ヒバリチドリ(雲雀千鳥)イシチドリ科ヒメサヤハシチドリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone