コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=サーンス サン=サーンス Saint-Saëns, (Charles-)Camille

2件 の用語解説(サン=サーンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=サーンス
サン=サーンス
Saint-Saëns, (Charles-)Camille

[生]1835.10.9. パリ
[没]1921.12.16. アルジェ
フランス近代の作曲家。幼少時から神童ぶりを発揮,パリ国立音楽院で学んだのち,サン・メリー聖堂,聖マドレーヌ聖堂オルガニストをつとめた。4年間の教職ののち,代表作『サムソンとデリラ』 (1877) をはじめオペラ作曲に励む一方,近代フランス器楽の発展を目指し,「国民音楽協会」を創設,また多くの管弦楽室内楽を作曲した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

サン=サーンス

作曲家としてのみならず、文筆家としても多岐にわたる文章を発表していたサン=サーンスは、幅広い分野に対して鋭い興味と洞察力を持っていた。幼い頃からピアノオルガン演奏では神童と絶賛され各地を演奏して回 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン=サーンスの関連キーワードイベールチンダルのみならず文筆家マッテゾンファリャ:4つのスペイン小品/piano soloゴットシャルク(ゴッツチョーク、ゴッチョーク)ハルシャーニボワエルデュー青島 広志Nパリジェンヌ没・歿勃・歿・没パリマラソンパリンちゃんヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン=サーンスの関連情報