コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=サーンス Saint-Saëns, (Charles-)Camille

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=サーンス
Saint-Saëns, (Charles-)Camille

[生]1835.10.9. パリ
[没]1921.12.16. アルジェ
フランス近代の作曲家。幼少時から神童ぶりを発揮,パリ国立音楽院で学んだのち,サン・メリー聖堂,聖マドレーヌ聖堂のオルガニストをつとめた。4年間の教職ののち,代表作『サムソンデリラ』 (1877) をはじめオペラ作曲に励む一方,近代フランス器楽の発展を目指し,「国民音楽協会」を創設,また多くの管弦楽や室内楽を作曲した。オルガンやピアノの名演奏家としても成功を収め,フランス音楽界を代表する存在となったが,晩年は広く海外に旅行し,アルジェで客死した。主要作品は交響詩『死の舞踏』『動物の謝肉祭』『第3交響曲』,5つの『ピアノ協奏曲』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

サン=サーンス

作曲家としてのみならず、文筆家としても多岐にわたる文章を発表していたサン=サーンスは、幅広い分野に対して鋭い興味と洞察力を持っていた。幼い頃からピアノやオルガン演奏では神童と絶賛され各地を演奏して回 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

サン=サーンスの関連キーワードサン=サーンス:ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調「エジプト風」/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:J.S.バッハ作品によるサン=サーンスのピアノのための編曲集 第1集/piano soloサン=サーンス:J.S.バッハ作品によるサン=サーンスのピアノのための編曲集 第2集/piano soloサン=サーンス:ピアノ協奏曲 第3番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第4番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第1番 ニ長調/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:グルックの《アルチェステ》のエール・ド・バレエによるカプリス/piano soloフランク:プレリュード、フーガと変奏曲 ロ短調(ハロルド・バウアー編)/piano soloリスト:死の舞踏/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:6つのバガテル/piano soloロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団アンリ・F. デュパルクディエス・イレーゴドフスキー島崎 赤太郎カスティヨン瀕死の白鳥サラサーテダビッド