コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン=シモン Saint-Simon, Claude-Henri de Rouvroy, Comte de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サン=シモン
Saint-Simon, Claude-Henri de Rouvroy, Comte de

[生]1760.10.17. パリ
[没]1825.5.19. パリ
フランスのユートピア社会主義者。『回想録』の著者サン=シモン公の甥の子。アメリカ独立戦争に参加し,恐怖政治期はリュクサンブール宮殿に監禁されたが,1793年釈放。 1803年『一ジュネーブ住民の書簡』 Lettres d'un habitant de Genève à ses contemporainsをスタール夫人に献じ求婚したが失敗,日夜を分たぬ浪費で,やがて貧困の境涯に転落した。 23年自殺を企て,『新キリスト教論』 Nouveau Christianisme (1825) の執筆を最後に失意のうちに没した。サン=シモンの歴史観は社会進化の要因を,観念または思想の変化に求める精神史観と,経済に求める経済史観の二元論から成り,フランスの歴史を非産業階級に対する生産的,産業的階級の対立の歴史とみなし,産業階級を社会第1階級とする理想社会 (産業制社会) の成立を強調し,当時の産業革命の進行と工業化社会の将来を予測した。その思想は弟子の B.アンファンタン,M.シュバリエらによってサン=シモン主義として伝えられ,特に第二帝政の資本家や銀行家の理論的支柱となった。主著『産業体制論』 Système industriel (20~22) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サン=シモンの関連キーワードサン=シモン主義空想的社会主義進化主義人類学科学的社会主義マッツィーニエリート理論シェリュエルペレール兄弟トゥルビルオースマンティエリー労働全収権進歩の観念人間の科学バスチードコンドルセ物理学主義社会主義実証主義ダビッド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android