サンキュロット(英語表記)sans-culottes

旺文社世界史事典 三訂版「サンキュロット」の解説

サンキュロット
sans-culottes

フランス革命期の手工業者・小商人・労働者など,パリをはじめとする都市の民衆に対する呼称
「短ズボン(キュロット)をはかぬ者」ので,当時キュロットをはいていた貴族ブルジョワジーからさげすんだ意味に用いられた。小ブルジョワ的・革命的な社会集団で,山岳派を支持し,バスティーユ襲撃,ヴェルサイユ行進,8月10日事件など革命の原動力となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「サンキュロット」の解説

サン‐キュロット

〘名〙 (sans-culottes 「キュロット(貴族や金持の着用する膝までの半ズボン)をはかないもの」の意) フランス革命期の手工業者、工場労働者などから成る民衆につけられた名。議場外勢力として革命を推進した。
※星座(1922)〈有島武郎〉「大道演説、自由帽、サンキュロット、ギヨチン」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android