コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサーンス Charles Camille Saint-Saëns

大辞林 第三版の解説

サンサーンス【Charles Camille Saint-Saëns】

1835~1921) フランスの作曲家。ピアノ・オルガン奏者。各楽器の機能を巧みに生かした管弦楽法を駆使し、オペラ「サムソンとデリラ」、組曲「動物の謝肉祭」のほか、古典主義的な交響曲・交響詩・協奏曲などを作曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サンサーンスの関連キーワードホロヴィッツ:死の舞踏/piano solo管弦楽法サムソン交響詩協奏曲交響曲デリラ古典組曲

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンサーンスの関連情報