サン・シモン(読み)サンシモン

百科事典マイペディアの解説

サン・シモン

フランスの社会改革思想家。名門貴族の長男に生まれ,軍職についてアメリカ独立戦争に参加。フランス革命後,ヨーロッパにおける政治・社会・倫理の再編を探究,独自の産業社会建設を構想して,その後の社会主義,産業主義,実証主義に大きな影響を与えた。主著《産業》《産業者の教理問答》《新キリスト教》。エンゲルスによってフーリエオーエンと並ぶ空想的社会主義者とされたことはよく知られるが,一面的な理解である。
→関連項目コント社会主義

サン・シモン

フランスの作家。公爵で,宮廷で活躍したが,1723年引退し,《回想録》の著述を死ぬまで続けた。これは1694年―1723年(ルイ14世晩年から摂政時代にかけて)の宮廷を,メモをもとに多くの人物を登場させて詳細に描いたもので,著者の主観がとけ合って,活気ある文学となっている。死後出版され,完本は1830年。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android