コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・シモン サンシモン

百科事典マイペディアの解説

サン・シモン

フランスの社会改革思想家。名門貴族の長男に生まれ,軍職についてアメリカ独立戦争に参加。フランス革命後,ヨーロッパにおける政治・社会・倫理の再編を探究,独自の産業社会建設を構想して,その後の社会主義,産業主義,実証主義に大きな影響を与えた。
→関連項目コント社会主義

サン・シモン

フランスの作家。公爵で,宮廷で活躍したが,1723年引退し,《回想録》の著述を死ぬまで続けた。これは1694年―1723年(ルイ14世晩年から摂政時代にかけて)の宮廷を,メモをもとに多くの人物を登場させて詳細に描いたもので,著者の主観がとけ合って,活気ある文学となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

サン・シモンの関連キーワードコント(Isidor Auguste Marie François Xavier Comte)カルノー(Lazare Hippolyte Carnot)リープクネヒト(Wilhelm Liebknecht)メーストル(Joseph de Maistre)トムソン(William Thompson)ナポレオン[3世]クレディ・モビリエニュー・ラナークラルジリエールルイ[14世]空想的社会主義空想より科学へアンファンタン青年ドイツ派ペレール兄弟コチャバンバ社会有機体説資本家階級ベルサイユ社会生理学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android