コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェフレ シェフレ Schäffle, Albert Eberhard Friedrich

3件 の用語解説(シェフレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェフレ
シェフレ
Schäffle, Albert Eberhard Friedrich

[生]1831.2.24. ニルティゲン
[没]1903.12.25. シュツットガルト
ドイツの社会学者,経済学者,政治家。テュービンゲン大学に学び,1860年同大教授,68年ウィーン大学教授となる。その間国会議員,関税議会議員をつとめ,71年にはオーストリアの K.ホーエンバルト内閣の商務相となり,実際に政策を指導したのはシェフレであったが,アンドラーシの反対にあい,内閣瓦解とともに帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シェフレ

ドイツの社会学者,経済学者。チュービンゲンおよびウィーン大学教授。主著《社会体の構造と生活》(1875年―1878年)で社会有機体説に立って合理的社会国家の実現を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェフレ
しぇふれ
Albert Eberhard Friedrich Schffle
(1831―1903)

ドイツの社会学者、財政学者、経済学者。ウュルテンベルクに生まれ、チュービンゲン大学に学ぶ。初め神学を研究していたが、のち経済学に転じ、母校の教授(1860~1868)、ウィーン大学教授(1868~1871)を歴任。1871年にオーストリアのK・ホーエンウァルト内閣の商相に就任したが、内閣の瓦解(がかい)(同年)とともに、生地に近いシュトゥットガルトに帰り、雑誌の編集と著述に専念した。
 社会学の分野では、社会有機体説の立場をとり、生物有機体との比喩(ひゆ)を用いて社会現象を解明したが、ドイツ観念論や神知学的思想の影響を受け、精神主義的、心理学的色彩が強い。代表的著作には『社会体の構造と生活』4巻(1875~1878)がある。財政学の分野では『租税政策の原理』(1880)や『租税』(1895)などの著書で知られる。この両書の間には学説にかなりの差異があり、前者においては有機体的国家観に基づいた客観的能力主義が採用されているが、後者においては、限界効用学派の影響を受けて、主観的価値説に基づいた犠牲説の発展に向かっている。また、経済学の分野では新歴史学派に属し、改良資本主義を理想として協同組合経済を主張した。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェフレの関連キーワードカルボニル鉄アルディッティ弦楽四重奏団インテンシティゲルフルーオインテンシティゲルメタリックシルティシュクレ情報セキュリティ月間ソルティドルティベロシティゲルビマラキールティ・ニルデーシャ・スートラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェフレの関連情報