コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シテ島 シテとう Île de la Cité

4件 の用語解説(シテ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シテ島
シテとう
Île de la Cité

フランス北部,パリを貫流するセーヌ川に浮ぶ舟の形をした長さ約 1kmの島。ポン・ヌフなど8つの橋で川岸と結ばれ,上流側のサンルイ島との間にも橋が1つある。パリ発祥の地で,前3世紀中頃からケルト人の一部族パリジーの中心集落があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シテ‐とう〔‐タウ〕【シテ島】

Cité》パリの中心部、セーヌ川の中にある島。パリ発祥の地。ノートルダム寺院などの歴史的建物がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シテとう【シテ島】

〔Cité〕 パリ市の中央部、セーヌ川の川中にある島。パリの発祥地で、ノートルダム寺院がある。観光地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シテ島
してとう
le de la Cit

フランスの首都パリの市内を貫流するセーヌ川の川中島。パリの第1、第4区に属し、パリ市揺籃(ようらん)の地。かつてケルト系のパリシイ人の町があり、古代ローマ人の到来後、町はセーヌ左岸に建設された。中世、とくにフンやノルマンの侵攻時には島全体が要塞(ようさい)と化した。カペー王朝は島の西端に王宮を建設、現在はパレ・ド・ジュスティス(裁判所。構内には礼拝堂サント・シャペル、付属監獄コンシェルジュリがある)とドーフィヌ広場(1607)となっている。かつては人家と多くの教会の密集地であったが、第二帝政期の改造により、プレフェクチュール・ド・ポリス(警視庁)、オテル・ディユ(公立病院)、裁判所、兵営など公共建造物が大部分を占める。島の東端にノートル・ダム大聖堂、その正面広場にフランスの距離原標がある。現存するパリ最古の橋ポン・ヌフ(1578~1604)など八つの橋で両岸と結ばれ、一つの歩道橋で東に連なるサン・ルイ島と結ばれている。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シテ島の関連キーワードサンドニセーヌ川パリブルゴーニュムランローヌ川ポンヌフ《セゾン》エルセーヌカードセーヌ[川]マルヌ[川]

シテ島の関連情報