コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトロネロール シトロネロール citronellol

5件 の用語解説(シトロネロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトロネロール
シトロネロール
citronellol

化学式 C10H20O 。シトロネラ油中に含まれるモノテルペンアルコールで,バラの香りを有する液体。沸点 225℃。工業的にはバラの人工香料として化粧品や石鹸に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シトロネロール

化学式はC1(/0)H2(/0)O。テルペンアルコールの一種。バラのかおりのある無色の液体。沸点225℃,引火点102℃。ゲラニオールとともにバラ油,シトロネラ油,ゼラニウム油など多くの精油中に含まれる。
→関連項目テルペンレモングラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

シトロネロール

 d体,l体があり,前者はシトロネラ油に,後者はバラやゼラニウム油にある.食品添加物(香料).

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シトロネロール【citronellol】

ゼラニウム油,シトロネラ油などの精油成分として存在する新鮮なローズ様の甘い香気をもつ無色の液体。天然のシトロネロールは,ゲラニオールなどの共有する各種の不純物により,その香気は若干変化する。非環式モノテルペンに属するアルコールで,d‐,l‐の光学異性体が存在する。比重0.86,沸点225℃,引火点102℃。水に難溶,アルコールエーテルに可溶だがグリセリンには不溶。ゼラニウム油,シトロネラ油を蒸留,精製して採取する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトロネロール
しとろねろーる
citronellol

鎖状モノテルペンアルコールの一つ。多くの植物精油中にα-とβ-の混合物として存在する。シトロネロールには1個の不斉炭素原子があるので、右旋性(d体)、左旋性(l体)および不活性(dl体、ラセミ体)の光学異性体がある。シトロネロールはシトロネラ油、ゼラニウム油に含有され、甘いバラ様の香気を有する無色の液体である。引火点102℃。シトロネラ油を精留してシトロネロール留分をとり、精製して製品とする。シトロネラールを接触水添しても得られる。バラ、ミューゲ、スズランなどのフローラル調合香料に用いられる。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシトロネロールの言及

【バラ(薔薇)】より

…とくにダマスクバラは芳香がよく,現在でも用いられている。主成分としてはゲラニオールgeraniol,シトロネロールcitronellol,フェニルエチルアルコール,ネロールnerol,リナロールlinaloolなどを含む。種や品種によって芳香はさまざまに異なり,ローザ・モスカータは麝香(じやこう)に似た香り,ティー・ローズは紅茶の香り,また果実や薬味風の香りをもつもの,葉にニッケイのようなにおいのあるバラなどがあり,微量精油成分も少しずつ違う。…

【バラ(薔薇)】より

…とくにダマスクバラは芳香がよく,現在でも用いられている。主成分としてはゲラニオールgeraniol,シトロネロールcitronellol,フェニルエチルアルコール,ネロールnerol,リナロールlinaloolなどを含む。種や品種によって芳香はさまざまに異なり,ローザ・モスカータは麝香(じやこう)に似た香り,ティー・ローズは紅茶の香り,また果実や薬味風の香りをもつもの,葉にニッケイのようなにおいのあるバラなどがあり,微量精油成分も少しずつ違う。…

※「シトロネロール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シトロネロールの関連キーワードゲラニオールシトロネラ油ゼラニウム油薔薇油アイビー‐ゼラニュームゲラニウム油アラウ 洗濯用せっけん ゼラニウムアイビーゼラニウムシトロネラソウジャワシトロネラ油

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シトロネロールの関連情報