コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベリア高気圧 シベリアこうきあつSiberian anticyclone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シベリア高気圧
シベリアこうきあつ
Siberian anticyclone

おもに冬季シベリアや中国東北区で発達する,背の低い寒冷な大陸性高気圧。その成因は,地表面の冷却によってできた寒気団や,北極海方面から南下した寒気団が,チベット高原ヒマラヤ山脈などにせき止められて大陸上に滞留するためと考えられているが,上層を流れる偏西風波動も関係している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シベリア‐こうきあつ〔‐カウキアツ〕【シベリア高気圧】

主として冬季にシベリア・モンゴル方面に現れる寒冷高気圧。強まると日本では北西季節風が吹き出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シベリア高気圧【シベリアこうきあつ】

主として冬季にシベリア大陸に現れる寒冷高気圧。世界最大のもので,厳寒期には直径5000kmに及ぶことがある。日本をはじめ東アジアの冬の天気はこの高気圧の消長に左右され,これが強まると北西季節風が吹き出す。
→関連項目寒帯気団

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シベリアこうきあつ【シベリア高気圧 Siberian anticyclone】

冬季モンゴル北部に中心をもつ大高気圧で,その中心部は停滞性である。最下層は放射冷却で著しく低温だが,その上には沈降流があり,気層全体は安定で乾燥している。この高気圧は上空の偏西風の変動に従って1週間前後の間隔で盛衰する。偏西風がアルタイ・天山山系の風上で北方に変位し高気圧性の流れを強めると,その風下で質量集積が起こり下層の気圧を高める。下層の冷却した気団は崑崙山脈で南下を阻止され,上層の力学効果と相まって強い高気圧ができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シベリアこうきあつ【シベリア高気圧】

シベリア地方にその中心をもつ寒冷高気圧。冬期に最も発達し、1070ヘクトパスカル 以上に達することもある。モンゴル高気圧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シベリア高気圧
しべりあこうきあつ

シベリアに中心をもつ高気圧。おもに寒候期(10月~3月)に現れ、冬季にもっともよく発達する。典型的な場合には、中心気圧が1070~80ヘクトパスカルに達し、ユーラシア大陸の大部分を覆うことがある。持続性、停滞性が大きく、寒候期の気候図(平均気圧分布)にも、明瞭(めいりょう)に表されている。その成因は、海陸分布と大地形(チベット・ヒマラヤ山塊)の影響で、アジア大陸東岸上空に偏西風波動の定常的な谷ができ、この谷の西側で北極海からシベリアに大規模に流入する寒気団が、チベット・ヒマラヤ山塊にせき止められて大陸上に蓄積されること、また、大陸の地表面の放射冷却によって形成される下層の寒気も大陸上に蓄積されること、などである。この寒気団は、日本近海を発達しながら北東進する低気圧の後面で、北西季節風(シベリア風)となって大規模に吹き出して、東アジア一帯に寒波をおこす。寒気が吹き出したあとは、シベリア高気圧は弱まり、中心もいくつかに分かれる。しかし寒気がふたたび蓄積されると、また強まり、そのようにして数日~十数日の周期で消長を繰り返す。三寒四温の天気変化もこれによる場合が多い。モンゴル高気圧とよばれることもある。[倉嶋 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシベリア高気圧の言及

【高気圧】より

…その下層が大陸上の放射冷却で低温度の空気から成るものがある。大陸高気圧と呼ばれる冬のシベリア高気圧や北アメリカ大陸の高気圧がそれである。ここでも地形の効果があって,崑崙,祁連山脈がシベリアでつくられる寒気の南下を阻止するので,シベリア高気圧は南側に障壁のない北アメリカ大陸の高気圧に比べて強大になる。…

※「シベリア高気圧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シベリア高気圧の関連キーワードアリューシャン低気圧小笠原高気圧移動性高気圧ソビエト連邦シベリア気団亜寒帯低圧帯温暖高気圧大陸高気圧大気環流中部地方三寒四温太平洋寒波寒冬暖冬凍害冬期台風

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android