コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモン・ド・モンフォール シモン・ド・モンフォール

3件 の用語解説(シモン・ド・モンフォールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シモン・ド・モンフォール
シモン・ド・モンフォール

「モンフォール,S.」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シモン・ド・モンフォール

フランス貴族の家に生まれ,母の関係からイングランドに渡った。ヘンリー3世に反抗する貴族の中心となり,1258年オックスフォード条項を王に認めさせ,1265年英国最初の議会を開いたが,同年王および保守派貴族と戦って敗死した。
→関連項目エドワード[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモン・ド・モンフォール
しもんどもんふぉーる
Simon de Montfort, Earl of Leicester
(1208ころ―1265)

イギリスの貴族。ヘンリー3世の治世に王制改革運動の指導者として活躍した。フランスの名門の出であるが、祖母の縁でイギリス貴族(レスター伯)の地位を得た。王の妹と結婚して有力となり、フランス(ガスコーニュ)の地方長官に任じられたが、辞任後は王の浪費に不満を抱く諸侯の先頭にたち、1258年「オックスフォード条項」を王に認めさせて15人の貴族による最高行政会議を設置した。しかし、王の違約から戦乱(諸侯(バロン)戦争)となり、王を捕らえたシモンは国の統治権を一時握ったものの、65年8月皇太子エドワード(後の1世)の反撃を受けて敗死した。同年初め、彼が、貴族らに加え新たに州代表の騎士、都市代表の市民をも招集して開いた議会は、しばしば議会制の起源をなしたものといわれるが、この制度が確立したのは、代表制が慣行となり二院制が成立する14世紀前半のことである。[松垣 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シモン・ド・モンフォールの関連キーワードコミーヌフライヘルフランク族ブーランビリエブールジュモンカルム大クープランマゼパオギンスキボアギュベール

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone