コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン=ボルツマンの法則 シュテファン=ボルツマンのほうそくStefan-Boltzmann's law

3件 の用語解説(シュテファン=ボルツマンの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュテファン=ボルツマンの法則
シュテファン=ボルツマンのほうそく
Stefan-Boltzmann's law

温度 T黒体の単位表面積から単位時間に放出される全エネルギー (すべての振動数を含む) ET の4乗に比例するという法則。これは,J.シュテファンが 1879年に測定値をもとにして見出した実験式であるが,84年に L.ボルツマンが熱力学を使って理論的に導き出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シュテファン=ボルツマンの法則【シュテファンボルツマンのほうそく】

いろいろな温度の黒体の単位表面積から単位時間に放出される放射エネルギーの総量(すべての振動数を含む)は,黒体の絶対温度Tの4乗に比例し,σT4プランク放射法則によってσを計算すると,σ=5.67×10(-/)12watt・cm(-/)2・deg(-/)4)で表されるという法則。
→関連項目空洞放射黒体放射放射高温計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュテファンボルツマンのほうそく【シュテファン=ボルツマンの法則 Stefan‐Boltzmann’s law】

黒体がその表面の単位面積当り単位時間に出す放射エネルギーEは黒体の絶対温度Tの4乗に比例するという法則。すなわち,E=σT4。比例定数σはシュテファン=ボルツマン定数と呼ばれ,ボルツマン定数をk,プランク定数を2πで割ったものをħ,真空中の光速度をcとして,σ=π2k4/60ħ3c2=5.67032J/m2・s・K4である。ET4に比例することは1879年にJ.シュテファンが述べたものであるが,その根拠は,熱した白金線の出す全放射エネルギーが1200℃では525℃のときの11.7倍になるというJ.ティンダルの実験(1875)にあり,事実,絶対温度を用いると(1473K/798K)4が11.7に近くなるのだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシュテファン=ボルツマンの法則の言及

【シュテファン】より

…ウィーン大学に学び,1863年から同大学教授を務める。J.ティンダルが行った,電流による白金線の発熱の際観察される放射に関する実験結果などから,熱放射のエネルギーが絶対温度の4乗に比例することを発見,これは84年L.ボルツマンによって理論的に演繹(えんえき)された(シュテファン=ボルツマンの法則)。また気体の拡散係数,摩擦係数およびそれらの絶対温度に対する依存性を理論計算から導き,熱伝導を測定する簡単な装置を考案し,気体分子運動論の確立にも貢献をした。…

※「シュテファン=ボルツマンの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone