コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン‐ボルツマンの法則 Stefan-Boltzmann's law

2件 の用語解説(シュテファン‐ボルツマンの法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュテファン‐ボルツマンの法則【Stefan-Boltzmann's law】

黒体の全輻射エネルギーは,絶対温度の四乗に比例する.これは「シュテファンボルツマンの式」と呼ばれることもあり,次のようになる.

S=σT4

この σ のことを「シュテファン‐ボルツマンの定数」,あるいはシュテファン定数*という.理論的にはプランクの輻射公式*を積分することで求めることが可能だが,5.66694×10-8Wm-2K-4 である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュテファン‐ボルツマンの法則
しゅてふぁんぼるつまんのほうそく

黒体が出す熱放射エネルギーの総量は、その絶対温度をTとするとT4に比例するという法則。1879年にシュテファンが実験的に発見し、1884年にボルツマンが熱力学を用いて理論的に証明したので、この2人の名でよばれる。
 黒体の単位面積から単位時間に放射される電磁波のエネルギーを、すべての波長について総計したものをSとすると、S=σT4と書ける。この比例定数をシュテファン‐ボルツマンの定数といい、σ=5.67032×10-8Wm-2K-4で表される。ボルツマンが証明したのはST4に比例するということまでであったが、このころから熱放射の研究が盛んになり、量子論誕生の動機となった。その結果、σの値は、黒体放射と空洞放射とが等しいことを用い、空洞放射に対するプランクの放射公式を使えばσ=2π5k4/15c2h3で与えられることがわかった。ここでkはボルツマン定数、cは光速、hはプランクの定数である。[小出昭一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュテファン‐ボルツマンの法則の関連キーワード核エネルギー吸収能自由エネルギー熱エネルギー放射エネルギー輻射エネルギーエネルギー学ヴィーン定数プランクの輻射法則ボルツマンの輻射法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone