コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン‐ボルツマンの法則 Stefan-Boltzmann's law

法則の辞典の解説

シュテファン‐ボルツマンの法則【Stefan-Boltzmann's law】

黒体の全輻射エネルギーは,絶対温度の四乗に比例する.これは「シュテファン‐ボルツマンの式」と呼ばれることもあり,次のようになる.

S=σT4

この σ のことを「シュテファン‐ボルツマンの定数」,あるいはシュテファン定数*という.理論的にはプランクの輻射公式*を積分することで求めることが可能だが,5.66694×10-8Wm-2K-4 である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュテファン‐ボルツマンの法則
しゅてふぁんぼるつまんのほうそく

黒体が出す熱放射エネルギーの総量は、その絶対温度をTとするとT4に比例するという法則。1879年にシュテファンが実験的に発見し、1884年にボルツマンが熱力学を用いて理論的に証明したので、この2人の名でよばれる。
 黒体の単位面積から単位時間に放射される電磁波のエネルギーを、すべての波長について総計したものをSとすると、S=σT4と書ける。この比例定数をシュテファン‐ボルツマンの定数といい、σ=5.67032×10-8Wm-2K-4で表される。ボルツマンが証明したのはST4に比例するということまでであったが、このころから熱放射の研究が盛んになり、量子論誕生の動機となった。その結果、σの値は、黒体放射と空洞放射とが等しいことを用い、空洞放射に対するプランクの放射公式を使えばσ=2π5k4/15c2h3で与えられることがわかった。ここでkはボルツマン定数、cは光速、hはプランクの定数である。[小出昭一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュテファン‐ボルツマンの法則の関連キーワードシュテファン(Josef Stefan)エルンスト プリングスハイムシュテファンの輻射の法則輻射の法則(四法則)ボルツマンの輻射法則シュテファンの法則シュテファン定数プリングスハイム輻射の積分法則W. ゲルラハ黒体輻射の法則放射の四法則冷却の法則パッシェンゲルラハ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android