シュテファンボルツマンの法則(読み)シュテファンボルツマンノホウソク

デジタル大辞泉の解説

シュテファンボルツマン‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【シュテファンボルツマンの法則】

黒体からの熱放射黒体放射)に関する法則。単位面積から単位時間当たりに黒体から放射されるエネルギーの総量は、黒体の温度の4乗に比例するというもの。1879年、オーストリアの物理学者J=シュテファンが実験から見出し、1884年にL=ボルツマンが理論的に導出した。シュテファンボルツマンの放射法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シュテファンボルツマンのほうそく【シュテファンボルツマンの法則】

表面温度が絶対温度 T [ K ] である放射体(黒体)が、その表面積1平方メートル当たり毎秒放射している光のエネルギーを E [J/m2・s] とすると、E =5.67×10-8T 4 で表されるという法則。従って、恒星の絶対等級は表面温度の四乗と表面積とに比例する。ステファンがその現象を発見し、ボルツマンが理論的に証明した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android