コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファンボルツマンの法則 シュテファンボルツマンノホウソク

デジタル大辞泉の解説

シュテファンボルツマン‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【シュテファンボルツマンの法則】

黒体からの熱放射黒体放射)に関する法則。単位面積から単位時間当たりに黒体から放射されるエネルギーの総量は、黒体の温度の4乗に比例するというもの。1879年、オーストリアの物理学者J=シュテファンが実験から見出し、1884年にL=ボルツマンが理論的に導出した。シュテファンボルツマンの放射法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シュテファンボルツマンのほうそく【シュテファンボルツマンの法則】

表面温度が絶対温度 T [ K ] である放射体(黒体)が、その表面積1平方メートル当たり毎秒放射している光のエネルギーを E [J/m2・s] とすると、E =5.67×10-8T 4 で表されるという法則。従って、恒星の絶対等級は表面温度の四乗と表面積とに比例する。ステファンがその現象を発見し、ボルツマンが理論的に証明した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シュテファンボルツマンの法則の関連キーワードボルツマン表面積

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android