コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワルツコップ

百科事典マイペディアの解説

シュワルツコップ

ドイツのソプラノ歌手。シュワルツコップフとも。ドイツ人を両親に,現ポーランド領のヤロチンに生まれる。ベルリン高等音楽学校でアルトとして教育を受け,のちコロラトゥーラ・ソプラノに転向。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュワルツコップ【Elisabeth Schwarzkopf】

1915‐
ポーランド生れのドイツのソプラノ歌手。1938年ベルリン市立歌劇場に《パルジファル》の花の乙女でデビュー。しばらく端役を歌っていたが,42年にベームに認められて,《ナクソス島アリアドネ》を歌ってウィーン国立歌劇場にデビューし,その後メンバーになった。若いころにはコロラトゥーラ・ソプラノとして活躍したが,後には《ばらの騎士》でのマルシャリンのような役がらを歌って高い評価をえた。一方,ドイツ・リートを歌っても表現力に富んだ歌唱で名声を博した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワルツコップ
しゅわるつこっぷ
Elisabeth Schwarzkopf
(1915―2006)

ドイツのソプラノ歌手。ドイツ帝国内のプロイセン(現ポーランドのヤロトシン)の生まれ。ウォルター・レッグと結婚後、イギリス国籍取得。ベルリンで学び、1938年同地でデビュー。42年指揮者ベームに認められ、翌年からウィーン国立歌劇場でモーツァルトのオペラなどに多数出演、当初はコロラトゥーラ・ソプラノとして知られた。第二次世界大戦後は世界の主要歌劇場、音楽祭で活躍、51年にはベネチアでストラビンスキーの『道楽者のなりゆき』の初演に加わった。ドイツ歌曲の解釈者としても優れ、シューベルトからウォルフに至る諸作品に、歌詞の情感を深く刻み込んだ解釈を樹立した。1968年(昭和43)以後のたび重なる来日や、カラヤン指揮のR・シュトラウス『ばらの騎士』の映画により日本でも彼女の芸術は広く親しまれている。76年、演奏会活動を退く。レコード・プロデューサーの夫ウォルター・レッグとともに著した回想録『レコードうら・おもて On & Off the Record』(1982)がある。[美山良夫]
『河村錠一郎訳『レッグ&シュヴァルツコップ回想録――レコードうら・おもて』(1986・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュワルツコップの関連キーワードルートウィヒ(Christa Ludwig)ムーア(Gerald Moore)クリスタ ルートウィヒドイツ・リートムーア

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android