コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュンギク(春菊) シュンギク Chrysanthemum coronarium; garland chrysanthemum

2件 の用語解説(シュンギク(春菊)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュンギク(春菊)
シュンギク
Chrysanthemum coronarium; garland chrysanthemum

キク科の一年または越年草。地中海地方原産。日本と中国で野菜として栽培され冬から春の間に若い苗をとって食用とする。全草に独特の香りがある。葉は互生して2回羽状に深く裂け,葉柄はなく基部は茎を抱く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュンギク【シュンギク(春菊) garland chrysanthemum】

葉を食用に,また花を観賞用に栽培するキク科の一年草。キクナとも呼ばれる。地中海地方の原産で,日本には300~400年前に中国から渡来したらしく,宮崎安貞の《農業全書》にはすでに栽培法が記載されている。全草無毛で葉は柄がなく2回羽状複葉,葉縁には鋸歯がある。外周に舌状花を有する大きな頭花は黄色で,舌状花の先端が白くなるものもある。高温長日下で抽だい(とう立ち)する。品種の分化は十分ではないが,大葉種,中葉種,小葉種に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュンギク(春菊)の関連キーワード花卉達磨菊唐竹葉物スタキスメキシカンマリーゴールドキクトリカブトテッセンミヤコワスレ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone