ジェームズ2世(読み)ジェームズにせい(英語表記)James II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェームズ2世
ジェームズにせい
James II

[生]1633.10.15. ロンドン
[没]1701.9.17. サンジェルマン
イギリス,スチュアート朝イングランドおよびスコットランド王 (在位 1685~88) 。スコットランド王としてはジェームズ7世。チャールズ1世ヘンリエッタ・マリアの次男でチャールズ2世の弟。即位まではヨーク公。清教徒革命中,一時幽閉されたが,1648年オランダからフランスに亡命し,60年王政復古により海軍長官となった。同年ハイド家アンと結婚。 68年頃旧教に改宗し,73年旧教徒のメアリーと再婚したことによってその宗教的立場が問題になり,王位継承排除法案が議会に提出されたが,成立しなかったため,85年2月即位。旧教復活を目的に信仰自由宣言を強制し,常備軍維持をはかり,七主教裁判事件を強行するなど専制的になったため,88年名誉革命が起り,フランスに亡命した。翌年フランスの援軍を得てアイルランドに上陸し再起をはかったが,90年7月ボイン川の戦いで敗北し,フランスに戻って病死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジェームズ2世

生年月日:1633年10月14日
イギリス,スチュアート朝の国王(在位1685〜88)
1701年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android