コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュチ Jūchī

世界大百科事典 第2版の解説

ジュチ【Jöchi】

1184‐1227
チンギス・ハーンの長子。中国史料では朮赤,拙赤。生没年については諸説があり,1172年生れともいわれる。父を助けて国家建設にたずさわり,イルティシ川流域に所領を与えられた。オイラート部をはじめとする,モンゴル高原北西部のいわゆる〈森林の民〉を平定し,所領の経営にあたる一方,1211年から始まる金朝攻撃の際には,右翼軍として,山西・河北の攻略に従事した。19年のホラズム・シャー朝に対する遠征でも,右翼軍司令官として,オトラルからシル・ダリヤ川下流域を征服し,首都ウルゲンチ攻略に加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジュチ【Juchi】

1172~1224) キプチャク汗国の始祖。チンギス=ハンの長子。父の征服事業に従い活躍。キプチャク草原攻略後、同地で病没、次子バトゥが汗国を建てた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ジュチの関連キーワードキプチャク・ハーン国キプチャク・ハーン国アストラハン・ハン国キプチャク・ハン国シャイバーニー朝シビル・ハーン国オゴタイ・ハンキプチャク汗国クリム・ハン国バトゥ(抜都)アリク・ブハモンゴル帝国ティームールモンケ・ハン宇佐美一生ハイドゥチンギスノガイ族拖雷抜都