コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュラ[山脈] ジュラ

2件 の用語解説(ジュラ[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジュラ[山脈]【ジュラ】

フランス東部,スイスとの国境に沿い,北東から南西に伸びる山脈。アルプス造山運動で生じた褶曲(しゅうきょく)山脈で,地質は中生代石灰岩,砂岩を主とし,ジュラ紀はこの名にちなむ。
→関連項目フランシュ・コンテフランス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジュラ[山脈]【Jura】

フランス東部からスイス北西部を南北に延びる中起伏の山脈で,北はライン川に面するバーゼル付近からはじまり,南はジュネーブからリヨンへ流れるローヌ川付近までつづく。幅は50~60km,長さは約250km。細長く三日月形の山脈で,山脈の西側にあるソーヌ川の平野に凸面を向ける。山脈の最高点はクレ・ド・ラ・ネージュ(1723m)で,ついでルキュレ(1720m),グラン・クレ・ドー(またはクルドス,1624m)などで,いずれもジュネーブ西方にあり,山脈の東縁が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュラ[山脈]の関連キーワード黄海南道ネーデルラントフランドルランスローヌ川西部戦線フランス窓マース川レザンドリースベトランスカヤ通り

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone