ジョリオキュリー(英語表記)Joliot-Curie

デジタル大辞泉の解説

ジョリオ‐キュリー(Joliot-Curie)

(Jean Frédéric ~)[1900~1958]フランスの物理学者。パリ出身。キュリー夫妻の長女イレーヌと結婚し、協力して研究を進め、ポロニウムα(アルファ)線を用いて人工放射能を発見。1935年夫妻でノーベル化学賞受賞。第二次大戦中はナチスへの抵抗運動に参加、戦後は世界平和評議会(WCP)議長などを務めた。
(Irène ~)[1897~1956]フランスの物理学者。キュリー夫妻の娘で、の妻。1935年「人工放射性元素の研究」で夫フレデリックとともにノーベル化学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ジョリオキュリー【Frédéric Joliot-Curie】

1900~1958) フランスの物理学者・平和運動家。キュリー夫妻の長女イレーヌの夫。夫妻で人工放射能を発見。第二次大戦中はナチスに対する抵抗運動に参加、戦後は平和運動に積極的に参加。世界平和評議会議長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジョリオ‐キュリー

[一] (Jean Frédéric Joliot-Curie ジャン=フレデリク━) フランスの原子物理学者。妻イレーヌと協力して、α(アルファ)線による原子破壊の実験を行ない、人工放射能を発見。一九三五年ノーベル化学賞受賞。第二次世界大戦中はナチス‐ドイツへの抵抗運動に参加、戦後は五一年世界平和評議会議長に就任。(一九〇〇‐五八
[二] (Irène Joliot-Curie イレーヌ━) フランスの原子物理学者。キュリー夫妻の長女。(一)の妻。パリ大学教授。夫とともに人工放射能を発見。一九三五年ノーベル化学賞受賞。(一八九七‐一九五六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android