ステンド・グラス(読み)ステンドグラス

百科事典マイペディアの解説

ステンド・グラス

中世のキリスト教教会堂,特にゴシック聖堂の窓にはめられた装飾ガラス。金属酸化物の顔料で着色し,グリザイユ(黒褐色の釉)で輪郭線や陰影を施して焼き上げたガラス片を断面がI字形の鉛縁で接合したもの。聖書や聖人の伝記に取材した絵が描かれ,聖堂内部を壮麗にいろどった。ステンド・グラスの技法は,カロリング朝の色ガラスに原形が見られ,12世紀初めころにほぼ完成。壮大な窓をもつゴシック建築が盛んになり始めた12世紀中ごろから全盛期を迎え,仏,英,独で特に愛好された。→ゴシック美術
→関連項目ガラス絵シャルトル大聖堂ルオーロマネスク美術

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステンド・グラスの関連情報