ステープルファイバー(英語表記)staple fibre

  • staple fiber

世界大百科事典 第2版の解説

スフとも略称される。綿花は平均2.5cm,羊毛は7.5~10cm,リネンは30~50cmの長さをもつ短繊維(ファイバー)であるにもかかわらず,人造絹糸の製造が始まってしばらくは,連続したフィラメントのに似せることを考えていたので,レーヨンのステープルファイバーを作ることは考えられなかった。ステープルもファイバーも繊維を意味し,長繊維のフィラメントに対応して用いられる。1920年ころからレーヨン連続糸の生産が増加し,レーヨン連続糸のくずが出はじめ,これを短く切って繊維とし,羊毛と混ぜて紡糸することが起こった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

紡績用に短く切断した化学繊維。糸に豊満性をもたせるために捲縮けんしゆくさせることが多い。スフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短繊維のことをいう。スフと略称されることが多い。代表的なものはビスコースレーヨンステープルであり、その製造法は長繊維の場合と本質的には同じであるが、紡糸の際に二浴を用いる。すなわち、第一浴で凝固させた単糸を第二浴の熱水中で延伸させて再生させる、いわゆる緊張紡糸法を採用している。紡糸された糸は適当な長さに切断して短繊維にしている。キュプラのスフも製造されている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (staple fiber) 化学繊維でつくった紡績用の短繊維。フィラメントに対していう。一般にはレーヨンおよびアセテートの短繊維をさし、狭義にはビスコースレーヨンの短繊維をいう。ステープル。スフ。
※闘犬図(1938)〈石坂洋次郎〉「大分くたびれたステープル・ファイバー混入のけばけばしい柄合の国産衣裳」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

略称スフ.連続した長繊維(フィラメント)を紡績などの原料にするため,カッターで適当な長さに短く切断したもの.最初はレーヨンを切断したものを意味したが,現在では各種の人造繊維の切断した短繊維に広く用いられる.繊維の長さ,太さはそれぞれ目的に応じて変わる.紡績の容易さ(可紡性),繊維相互のからみあい(抱合性),かさばりを増すために短繊維にちぢれ(けん縮,クリンプ)を付与したものが多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のステープルファイバーの言及

【化学繊維】より


[ポリアクリロニトリル系]
 アクリル繊維とモダクリル繊維がある。ステープルファイバー(短繊維。スフと略)は羊毛に似た強伸度をもち,フィラメント(長繊維)は絹に似た強伸度特性を示す。…

※「ステープルファイバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android