コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラウェシ[島] スラウェシ

世界大百科事典 第2版の解説

スラウェシ[島]【Sulawesi】

インドネシア中央部に位置する大島。大スンダ列島の一つ。旧称セレベスCelebes島。面積17万9400km2,人口1380万(1996。属島も含む)。構造的にはアルプス・ヒマラヤおよび環太平洋両造山帯の会合地域にあたり,地盤の変動が激しく,特異なK字状の形を示す。ミナハサ,南東,南西および東の四つの半島を突出させるが,島の中央部は地形高峻で最高点は3455m(ランテコンボラ山)に及ぶ。数条の地溝帯もあり,そこにポーソ,マタナなどの湖水をたたえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスラウェシ[島]の言及

【インドネシア】より

…スンバワ島のタンボラ,スンダ海峡中のクラカタウ火山のように世界的な大爆発の歴史を示したものもある。また群島東部には環太平洋火山帯が通り,スラウェシ(セレベス)島,モルッカ諸島方面に多くの火山がそびえる。したがってインドネシアは全体として地震が多い。…

※「スラウェシ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スラウェシ[島]の関連キーワードオランダ東インド会社ウジュン・パンダンセレベス[島]マカッサルトラジャメナドブギス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android