コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイラン Argusianus argus; great argus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイラン
Argusianus argus; great argus

キジ目キジ科。雄の全長約 2m,雌は約 80cm。体形クジャクに似るが,羽色は比較的地味で,全体灰褐色地に細かな黒斑があり,顔から頸は青く,頭上と後頸は黒色で,頭上に小さな冠羽(→羽冠)がある。雄では次列風切(の羽の一部)が非常に幅広く,長く伸びて各羽の羽軸に沿って眼状紋が一列に並んでいる。尾羽は中央 2枚が特に長く 1.4mもある。ディスプレイは長く伸びた腰の羽を使うクジャクと違って尾羽と眼状紋のある翼の羽を扇状に広げて行なう。マレー半島スマトラ島ボルネオ島に分布するが,生息数が減少し,ワシントン条約付属書IIにあげられ,飼鳥として輸入するには原産国の許可が必要である。近縁種カンムリセイラン Rheinartia ocellata は別属で,ベトナムマレーシアに分布し,近年絶滅の危機に瀕している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セイラン

キジ科の鳥。体形はクジャクに似て翼長50cm,雄の尾羽は長く140cmに達する。雌雄で色彩が異なり,雄の体は褐色で暗色斑紋が密在し,翼羽には眼状紋が並ぶ。頭側と頸は青色

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイラン
せいらん / 青鸞
great argusargus pheasant
[学]Argusianus argus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島の海抜1200メートル以上の人間の入らない熱帯林にすむ。雌雄二型。雄は、全長約180センチメートル、そのうち尾が130センチメートルを占める。全身ほぼ暗褐色であるが、頬(ほお)から頸(くび)にかけて青い肌が露出し、青黒色の冠毛がある。胸は赤みが強い。次列風切(かざきり)も非常に大きく長く伸びており、英名と学名の由来になったギリシア神話の巨人アルゴスの目を連ねたような円形の斑(はん)が一列に並んでいる。雌は体もやや小さいが、尾長33センチメートルと尾がずっと小さく、全長約80センチメートル。次列風切もとくに長くない。地上で木の実、葉、昆虫などをとる。警戒心が強いが、雄の大きな叫び声で密林中でも存在を知ることができる。近縁の種としてカンムリセイランRheinartia ocellataがおり、全長210センチメートルのうち尾長150センチメートル、野鳥のうちで最大の尾羽の持ち主として知られる。なお、この両種が中国の伝説上の鳥「鳳凰(ほうおう)」のモデルと考えられている。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セイランの関連キーワードサンセイランディックセイラン(青鸞)永田 秀次郎ミディ運河岩永哲哉青鸞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android