セビリア(英語表記)Sevilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セビリア
Sevilla

スペイン南部,アンダルシア州西部,セビリア県の県都。スペイン第4の都市。グアダルキビル川左岸,河口から 87kmに位置する。古代フェニキアの植民都市で,ローマ,西ゴート,イスラムなどの支配下にあった各時代を通じて繁栄。コロンブスによるアメリカ大陸到達後は対アメリカ貿易を独占して全盛時代を迎えた。スペインの主要貿易港の一つとして,現在はワイン,オレンジ,オリーブ油,羊毛,鉄鉱石などを輸出。肥沃なアンダルシア平野の中心をなす商工業都市でもあり,たばこ,鉄鋼,金属,陶器,食品などの工業がある。スペイン,ポルトガル各地からの道路,鉄道が集中。イスラム風の町並みが残り,ローマ時代の遺跡やイスラム時代のモスク,城 (→アルカサル) ,キリスト教時代の大聖堂,大学などがある。聖週間には町をあげての祭りが続き,闘牛とともに多くの観光客を集める。1992年万国博覧会開催地。人口 69万4071 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セビリア

スペイン南部,アンダルシア自治州の州都。グアダルキビル川河口から約80kmにある港湾都市。アンダルシア平原の商工業の中心地で,金属,陶器,タバコ,食品などの工業が行われる。12世紀のヒラルダの塔がある大聖堂(ヒラルダの塔は大聖堂の鐘樓でかつてはモスクのミナレット)やアルカサル(宮殿),大学(1502年創立)がある。古代イベロ人の居住地で,712年イスラム支配期に重要な商業都市となり,12世紀ムワッヒド朝の首都。1248年カスティリャ王が占領し,15世紀末から16世紀には新大陸貿易で繁栄。アルカサル,大聖堂およびインディアス古文書館は1987年世界文化遺産に登録された。69万8042人(2011)。
→関連項目セビリアの大聖堂,アルカサルとインディアス古文書館セビリアの理髪師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

セビリア【Sevilla】

スペイン南西部、大西洋に通じるグアダルキビル川下流東岸に臨む河港都市。アンダルシア地方の古都でイスラム・キリスト両教の史跡が多い。大航海時代にスペインの新大陸貿易の中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

セビリア

(Sevilla) スペイン南部、アンダルシア地方の中心都市。グアダルキビル川左岸の河岸都市で、一五世紀末から一六世紀にかけて西インド貿易の独占によって栄えた。ローマ‐イスラム時代の遺跡が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セビリアの関連情報