コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セマンティックディファレンシャル法 セマンティックディファレンシャルホウ

デジタル大辞泉の解説

セマンティックディファレンシャル‐ほう〔‐ハフ〕【セマンティックディファレンシャル法】

semantic differential method》図形や、大小・冷熱などの対(つい)形容詞を、通常七段階に評価させて、行動の情意的意味を客観的に測定する方法。心理学者オズグッドが開発・発展したもので、パーソナリティー検査などのほか、商品のイメージ調整にも用いられる。意味差判別法。SD法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セマンティックディファレンシャル法の関連キーワードC.E. オズグッドオスグッド広告心理学色彩心理学動機調査

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android