セレウコス1世(読み)セレウコスいっせい(英語表記)Seleukos I Nikatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレウコス1世
セレウコスいっせい
Seleukos I Nikatōr

[生]前358/前354. マケドニア,エウロポス
[没]前281.8/9. トラキア,リュシマケイア
セレウコス朝シリアの始祖 (在位前 312~281) 。アレクサンドロス3世 (大王) の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人。名門の子弟として大王の「仲間」に加わり,アケメネス朝ペルシアの征服やインド侵入に参加。前 324年スーサの集団結婚式の際に,バクトリア王スピタメネスの娘アパメを妻とした。大王の死後,隊長となり,ほかの武将と勢力争いをし,その間の前 321年にはバビロン総督,前 315~311年のアンチゴノス父子の同盟戦争ではプトレマイオス 1世ソテルに協力,前 312年ガザの戦いで勝利を得た。同年バビロンにおいてセレウコス紀元を始めた。前 305/4年ほかの後継者と同時に王を称し,東征,インドでマウリヤ朝のチャンドラブクタと接触,そのとき 500頭の軍象を獲得した。前 302年に小アジアに戻り,翌年イプソスの戦いアンチゴノス1世を破り,シリアを領土とした。前 301/0年にオロンテス河畔にアンチオキアを設立,チグリス河畔のセレウキアから遷都した。前 283~281年に政敵デメトリオスとリュシマコスが死去し,インドからマケドニアに及ぶ大帝国の支配者となったが,前 281年プトレマイオス・ケラウノスによって暗殺された。彼の墓はシリアのセレウキアに設けられ,勝利者 (ニカトール) という神としての名が贈られた。精力的な支配者で,彼の治世にすでにセレウコス朝の最大版図が形成された。行政の整備に努め,多くの都市を設立,また探検を奨励し,パトロクレスにはカスピ海を,メガステネスにはガンジス川を調査させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android