コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレウコス1世 セレウコスいっせいSeleukos I Nikatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレウコス1世
セレウコスいっせい
Seleukos I Nikatōr

[生]前358/前354. マケドニア,エウロポス
[没]前281.8/9. トラキア,リュシマケイア
セレウコス朝シリアの始祖 (在位前 312~281) 。アレクサンドロス3世 (大王) の「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人。名門の子弟として大王の「仲間」に加わり,アケメネス朝ペルシアの征服やインド侵入に参加。前 324年スーサの集団結婚式の際に,バクトリア王スピタメネスの娘アパメを妻とした。大王の死後,隊長となり,ほかの武将と勢力争いをし,その間の前 321年にはバビロン総督,前 315~311年のアンチゴノス父子の同盟戦争ではプトレマイオス 1世ソテルに協力,前 312年ガザの戦いで勝利を得た。同年バビロンにおいてセレウコス紀元を始めた。前 305/4年ほかの後継者と同時に王を称し,東征,インドでマウリヤ朝のチャンドラブクタと接触,そのとき 500頭の軍象を獲得した。前 302年に小アジアに戻り,翌年イプソスの戦いアンチゴノス1世を破り,シリアを領土とした。前 301/0年にオロンテス河畔にアンチオキアを設立,チグリス河畔のセレウキアから遷都した。前 283~281年に政敵デメトリオスとリュシマコスが死去し,インドからマケドニアに及ぶ大帝国の支配者となったが,前 281年プトレマイオス・ケラウノスによって暗殺された。彼の墓はシリアのセレウキアに設けられ,勝利者 (ニカトール) という神としての名が贈られた。精力的な支配者で,彼の治世にすでにセレウコス朝の最大版図が形成された。行政の整備に努め,多くの都市を設立,また探検を奨励し,パトロクレスにはカスピ海を,メガステネスにはガンジス川を調査させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セレウコス1世の関連キーワードアンチオキア[ピシディア]アンティオキア(トルコ)アンティオコス(3世)アンティゴノス[1世]アンティオコス[1世]アンティオコス(1世)デメトリオス[1世]デメトリオス(1世)ドゥラ・ユーロポスドゥラ=エウロポスアンチゴノス2世アンチオコス1世デメトリオス1世ヘカトンピュロスチャンドラグプタメガステネースアンティオキアフィレタイロスカサンドロステアテイラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android